会社概要

社名および会社詳細

NZ-Do Limited

社名: NZ-Do Limited (エヌ・ゼット・ドゥ リミテッド)
代表者: 冨士本 光
サイト管理者: へネリー 真美

ニュージーランド国内の会社登録番号(Certificate of Incorporation) 第1834027号
ニュージーランド運輸省承認の客用車両運行許可番号 第0226255号
主要取引先銀行 ANZ銀行 Queenstown支店

お問い合わせ・連絡先

住所 8B Williams Street, Queenstown, New Zealand 9300
TEL +64 3 442 8288 (日本語)
携帯 0274 205 567 (ニュージーランド国内のみ)
Email nz-do@yumelandnz.com

※旅行業関係の企業の皆様は、下のメールアドレスからご連絡下さい。スパム対策のため、アドレス中の「%」を「@」に入れ替えてからご送信下さい。
nz-do%xtra.co.nz

事業内容

  • ニュージーランド国内の旅行手配業務全般
  • ニュージーランド国内の旅行・各種ツアーの企画・販売
  • 乗客用車両(小型)の運行業務
  • 南島(特にクイーンズタウン周辺)における、フィッシング・ガイド・サービス
  • チャーター・ベースの各種ツアー、旅行の催行・運営
  • ワイナリー訪問ツアー(オプショナル・ツアー)の催行・運営
  • 各種ツアー、宿泊施設及びオプショナル・ツアー等の予約代行サービス
  • 国内線・国際線航空券の予約代行サービス(一部委託)

代表者

冨士本 光 / Hikari Fujimoto
代表者

経歴

札幌生まれの札幌育ち。幼いときから父親の影響でアウトドアに親しみ、山に川に海にと遊びまわって育った。特に釣りには並々ならぬ情熱を注ぎ、ジャンルやフィールドを問わず北海道の自然を釣竿片手に走り回った。

教育系の大学に進み一度は立派な(?)教育者を目指したが、99年にはじめて訪れたニュージーランドに恋に落ち、その1年半後には本格的な移住を目指して渡航。

永住権取得の手続きを終えた後、クイーンズタウンのツアー会社に就職。ツアーガイド兼ドライバーとして大手旅行会社の仕事をこなし経験を積みつつ、人づてに依頼された旅行の手配や釣りの案内をしてきた。

06年7月、「ニュージーランドの旅行とフィッシングの本当の魅力を少しでも多くの日本の旅人に味わってほしい」という思いからNZ-Do Ltd社を設立し、現在に至る。

資格
  • NZ運輸省承認の客用車両運行許可(第0212519号)
  • NZ運輸省承認の客用車両運転免許(普通自動車2種に相当)
  • NZ政府承認の応急処置に関わる資格

最新ニュース

およそ2年ぶりにマウントクックを訪れました。
ヒラリー卿の像の前に立ってふと気になって調べ返して見ると、その日(1月11日)が偶然にもヒラリー卿の命日😮
これもきっと何かの巡り合わせと思い、差し当たっては顔や肩にかかった蜘蛛の巣をきれいに掃除してきました😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ルートバーン・トラックの1日ハイキングに行って来ました😊
ルートバーン・トラックはニュージーランドが世界に誇るグレート・ウォークの一つで、本来は2泊3日のコースです。それのクイーンズタウン側1日分だけを歩く1日ハイキングは、お手軽で人気のアクティビティ。クイーンズタウンご滞在の折にはぜひ!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む
Facebookでこの記事を読む

最近ご無沙汰ですが、きっとテカポは今頃こんな感じ😅 ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ここは隠れた絶景スポット、ブルー・レイク(Blue Lake)。
南島南部のマニオトト盆地の奥深くにある小さな湖です。
真っ白なビーチや崖に囲まれた青い水の湖が織りなす風景は、何とも不思議。なかなか印象的な景色の場所です。
なかなか立ち寄るには難しい場所にあるのですが、チャンスがあれば一見の価値ありですよ。

ニュージーランドには、この湖のような隠れた絶景がまだまだたくさんあります!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

本日ニュージーランド政府より、今後の国境再開に向けての3つのステップが発表されました。概略は以下の通り。

入国者に求められる基本条件:
・ワクチン接種を完了していること(公的な証明が必要)
・3回の検査(出国前、NZ到着時、隔離期間終了前)において、全て陰性であること
・過去の渡航履歴の申告
・入国後7日間の自主隔離の義務
以上を踏まえた上で、以下の3段階を経て徐々に「管理施設内(MIQ)での強制隔離期間」を必要としない渡航を認めていく。

ステップ①:1月17日(正確には、1月16日の午後11:59)より、オーストラリアから入国するニュージーランド市民および永住者の渡航(帰国)を許可

ステップ②:2月14日より、全ての国からのニュージーランド市民、および永住者の渡航(帰国)を許可(ただし、特に高リスクの国からの渡航者を除外)

ステップ③:4月30日より、全ての国からの渡航を許可(同上。ビザのステータスにより、段階的な対応になる可能性がある)

以上は、今後の状況次第で変更となる可能性がある。

以上です。
4月30日からは日本を含む全ての国からの渡航が認められるとはいえ、依然として7日間の自主隔離義務があるので、旅行目的での渡航は現実的ではないとは思います。しかしゆっくりと前進しているのは確かなので、前向きにとらえましょう。

ということで、情報まで。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

クイーンズタウン周辺を見下ろすことができる、リマーカブルズ山嶺中腹からの風景。
写真中央右手の水色の矢印の場所が、クイーンズタウン空港。
赤い矢印のあたりにクイーンズタウンの中心部があります。
広がっている湖はニュージーランド第3の湖、ワカティプ湖。
湖手前の小山は、映画撮影のロケなどに多数使われている、ディア・パーク・ハイツです。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

久しぶりに、なかなか規模の大きいオーロラが出ました! ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

リマーカブルズ中腹から見下ろした、クイーンズタウンの風景。
写真の右側に見えるのが、クイーンズタウン空港。
正面やや左のこんもりした小山が、Deer Park Heights で、それを取り囲むワカティプ湖。
そのDeer Park Heightsの右肩あたりの対岸に、クイーンズタウンの街の中心部です。
なんだか、ヘリコプターにでも乗っているかのような風景😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

クイーンズタウンのスキーシーズン最終日は雨☂️でした。
今シーズンは、最後まで比較的良いコンディションを維持していたようです。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む