会社概要

社名および会社詳細

NZ-Do Limited

社名: NZ-Do Limited (エヌ・ゼット・ドゥ リミテッド)
代表者: 冨士本 光
サイト管理者: へネリー 真美

ニュージーランド国内の会社登録番号(Certificate of Incorporation) 第1834027号
ニュージーランド運輸省承認の客用車両運行許可番号 第0226255号
主要取引先銀行 ANZ銀行 Queenstown支店

お問い合わせ・連絡先

住所 8B Williams Street, Queenstown, New Zealand 9300
TEL +64 3 442 8288 (日本語)
携帯 0274 205 567 (ニュージーランド国内のみ)
Email nz-do@yumelandnz.com

※旅行業関係の企業の皆様は、下のメールアドレスからご連絡下さい。スパム対策のため、アドレス中の「%」を「@」に入れ替えてからご送信下さい。
nz-do%xtra.co.nz

事業内容

  • ニュージーランド国内の旅行手配業務全般
  • ニュージーランド国内の旅行・各種ツアーの企画・販売
  • 乗客用車両(小型)の運行業務
  • 南島(特にクイーンズタウン周辺)における、フィッシング・ガイド・サービス
  • チャーター・ベースの各種ツアー、旅行の催行・運営
  • ワイナリー訪問ツアー(オプショナル・ツアー)の催行・運営
  • 各種ツアー、宿泊施設及びオプショナル・ツアー等の予約代行サービス
  • 国内線・国際線航空券の予約代行サービス(一部委託)

代表者

冨士本 光 / Hikari Fujimoto
代表者

経歴

札幌生まれの札幌育ち。幼いときから父親の影響でアウトドアに親しみ、山に川に海にと遊びまわって育った。特に釣りには並々ならぬ情熱を注ぎ、ジャンルやフィールドを問わず北海道の自然を釣竿片手に走り回った。

教育系の大学に進み一度は立派な(?)教育者を目指したが、99年にはじめて訪れたニュージーランドに恋に落ち、その1年半後には本格的な移住を目指して渡航。

永住権取得の手続きを終えた後、クイーンズタウンのツアー会社に就職。ツアーガイド兼ドライバーとして大手旅行会社の仕事をこなし経験を積みつつ、人づてに依頼された旅行の手配や釣りの案内をしてきた。

06年7月、「ニュージーランドの旅行とフィッシングの本当の魅力を少しでも多くの日本の旅人に味わってほしい」という思いからNZ-Do Ltd社を設立し、現在に至る。

資格
  • NZ運輸省承認の客用車両運行許可(第0212519号)
  • NZ運輸省承認の客用車両運転免許(普通自動車2種に相当)
  • NZ政府承認の応急処置に関わる資格

最新ニュース

今日はニュージーランドの新しい祝日「マタリキ」です。「マタリキ」は日本で言う「すばる」。そう、星団(プレアデス星団)です。これが東の空に上がり始める時、先住民マオリ族にとっては新しい1年の始まりを意味するのです。今日は各地でマタリキを祝うイベントが開催されました😄 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
来週月曜日(20日)23:59より、コロナウィルス感染対策によるニュージーランド渡航前の出国前検査義務が廃止されます😊到着後の2回の検査、および陽性時の隔離義務は依然として残ります。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
ニュージーランド全土が、この1週間ほど悪天候の波状攻撃にあっています😅各所で大雨。北島では竜巻がいくつも発生し、南島には寒波と平地レベルまでの降雪をもたらしました。不安定な天候はまだしばらく続く見込みとか・・・。オープンを目前にした各地のスキー場だけが、大雪の到来を大喜びしています。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
ニュージーランド南島の西海岸地区(ウェストコースト)にある、フォックス氷河村の近くから臨むアオラキ・マウントクック(3724m、NZ第一峰)と、マウント・タスマン(3497m、同第二峰)です。写真奥の右側がアオラキ・マウントクック。左側がマウント・タスマンです。よく見かけるマウントクックの写真は、ウェストコーストとは反対側のプカキ湖側から撮ったものが多いので、かなり雰囲気が異なりますね。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
ニュージーランド南島・西海岸地区(ウェストコースト)。ここには一歩足を踏み入れただけで、体も心も洗われるようなピュアで美しい野生の森がどこまでも続いています。写真は、フォックス氷河村のすぐ脇にある散策路。雨上がりの晴れ間が最高に美しい森です😊夜にはツチボタルも! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
そろそろ黄葉もおしまい。写真は1週間前のものです。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
写真中央の白く光るたくさんの糸。何かわかりますか?これはツチボタルが作る、いわゆる巣のようなものです。ツチボタルは湿った森の中に住んでいる、空飛ぶ虫の幼虫。倒木や苔むした岩が覆いかぶさったような場所の天井にチューブ状の巣を作り、そこからエサとなる虫を捕獲するための粘着性の釣り糸をすだれのように垂らしているのです。その釣り糸がこの写真の中の白い筋。夜になるとツチボタルは発光して、エサをここへおびき寄せるのです。洞窟の中で見るツチボタルはよく知られていますが、意外と身近に棲息しているんですよ。さて、ニュージーランドは昨日(5月2日)から、入国制限が緩和されました。2年の時を経て、日本を含むビザ免除国からの「検疫・隔離なし」の渡航が再開されたのです。これは大きな一歩前進。しかしまだまだ本格的な旅行再開とは言えません。様々な制限や条件が渡航前からあるので、ここで日本人旅行者という観点に絞ってまとめておきましょう。〔渡航条件〕・ワクチン接種済みであること〔渡航前の準備〕・ワクチンの接種証明・出発72時間以内の検査でコロナウィルス陰性であることと、医療機関で取得したその証明・渡航前事前申告(Traveller declaration)~オンラインで提出・NZeTA(電子ビザ)の取得〔渡航後〕・到着時、および到着後第5日目での迅速抗原検査と、その結果の報告義務・上記で陽性となった場合は、そこから即7日間の自主隔離〔帰国前~日本入国に関わる各種の準備(日本政府側からの義務事項)〕・渡航(帰国)72時間前の検査での陰性証明・ワクチン接種証明(旅行前に日本国内で用意)〔帰国後(同上)〕・誓約書の提出・スマートフォンの携行、必要なアプリの登録 ・質問票の提出とまあ、日本&ニュージーランドの両サイドで、これだけの義務や条件が課されるというわけです。なかなか観光目的の旅行では、これだけのものをクリアするのは難しいかも知れませんね😅ということで、事実上のニュージーランド旅行の再開は、もう少し先のこととなりそうです。以上、情報まで。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
ニュージーランド固有の青いキノコ。英語の通称がブルー・マッシュルーム(単純なネーミング!)。マオリ語で、werewere-kokako。$50札のデザインの一部にもなっているこのキノコは、この時期ニュージーランドの雨の多い地域の原始林で見ることができます。なかなかに鮮やかな青色は、暗い原生林内では光を放っているかのように見えます。一見の価値あり😊写真は2週間前の、南島西海岸地区(Westcoast)にあるマセソン湖でのもの。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
クイーンズタウン周辺の黄葉が最盛期になりました! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
クイーンズタウンの住宅街からスタートする4時間前後のハイキングコース。山奥に足を運んでいるわけでもないのに、すっかり市街地に近いことを忘れさせてくれます。コケに覆われた原始林、渓流、そして森林限界上からの写真のような風景と、実にバラエティ豊かな景色を楽しむことができるのです。美しい景色には事欠かない、ニュージーランドです😊 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む