お問い合わせ・ご予約に関して

お問い合わせからお出迎えまでの流れ

①お問い合わせ~まずはお気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォームメール・電話などで、まずはお問い合わせ下さい。以下の各項目について、可能な限りで結構ですのでお知らせ頂ければ、より迅速で適確な内容の回答を差し上げられると思います。
・代表者様のご氏名(漢字・ローマ字)
・ご住所(特に国際線航空券が関わる場合)
・電話番号
・e-mailアドレス(必須。アドレスは間違いがないか、よくご確認ください。)
・FAX番号や、その他の連絡先番号
・参加人数
・ご希望の日程
・おおまかなご予算
・ご希望の内容(行程や、観光、アクティビティーなど)
・ご希望の宿泊場所のタイプ
・日本のご利用空港、国際線航空券手配のご希望の有無
・その他のご希望

※頂いたお問い合わせにはできるだけ24時間以内に回答を差し上げるようにしていますが、それが出来ない場合にも、遅くとも72時間以内に回答を差し上げます。また、稀にメールの不配や遅配が発生します。72時間経過してもこちらからの返信がない場合には、再度メールにてご連絡下さい。特にフリーメールや携帯メールをご利用の場合は、お使いのサーバーによってこちらからの回答メールがブロック、または削除されている可能性がありますので、ご注意下さい。

②内容・プランのご相談

頂いたお問い合わせを確認後、回答や見積もりを差し上げます。
必要に応じてご旅行のプラン作成なども行い、細部まで納得頂くまでご相談の上、ご旅行の内容を決めていきます。

③ご予約の確定

詳細な内容が確定の後、再度見積もりを作成してお知らせします。
正式なお申し込み(お申し込みフォームの送信)を頂戴し、国際線の飛行機の詳細が確定後(日本からの出国・帰国、ニュージーランドへの入国・出国のスケジュールが確定後)、実際の手配を開始します。これ以降、キャンセル規定の対象になります。

④お支払いおよび最終行程表の送付

すべての手配が終了の後、ご旅行全体の手配をご依頼の場合には、ご旅行出発の1ヶ月前までに料金の全額をお支払い頂きます。(お支払方法に関しては、下記をご覧ください。) お支払い確認後、ご旅行全体の内容をお申し込み頂いたお客様には、最終行程表を送付します。

オプショナル・ツアーや1日程度のチャーターなど、単独の内容をお申し込み頂いた場合には、手配完了~ご予約日前日までの間に、お支払いを頂きます。お支払い確認後、必要なクーポン券等をメールでお渡しします。

⑤日本出発そしてお出迎え

旅行全体をお申し込みの皆様、ガイドが国際線空港の到着ゲートでお出迎えします(空港送迎や乗り継ぎの案内が手配内容に含まれる場合)。行程の一部のチャーターやフィッシングをお申し込みの皆様、ご指定の場所(ホテルなど)までお迎えに上がります。この時、現金でのご精算をご希望の場合は最終的なお支払いを頂きます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせには、メール、電話などの他に、下のお問い合わせフォームをご利用頂けます。お問い合わせフォームはSSL(暗号化通信)に対応しておりますので、個人情報の送受信を安全に行うことができます。また弊社にて受信したお客様情報は、今回のお問い合わせに関わる諸手続き・手配以外の目的で、第三者に提供されることは一切ありません。

    基本情報




    ※できるだけPCで受信できるアドレスをお知らせ下さい。



    ご旅行全体の手配ご旅行の一部日程の手配現地発着ツアーや1日だけの内容の手配現地発着ツアーや1日だけの内容の手配

    お問い合わせ内容



    1名様あたりのご予算をお知らせ下さい。ご旅行全体の手配をご希望で、航空券手配もご希望の方は、航空運賃を含めた金額をお知らせ下さい。

    ご希望の内容、旅のテーマ、滞在地、日程、宿泊施設、移動方法、ガイドの有無等、現在お決まり、あるいはお考えの範囲内で、できるだけ詳細にご希望をお知らせ下さい。お子様連れの場合は、お子様の年齢もお知らせ下さい。

    ※フォームご送信の際は、メールアドレスに間違いがないか、よくご確認ください。誤入力のために、回答を差し上げられない事例が多発しています。

    送信完了後、可能な限り24時間以内、遅くとも3日以内にメールにてご連絡します。返信メールが迷惑メール扱いとなることも考えられますので、3日以内に連絡がない場合には、お手数ですがメールサーバー、およびメールソフトの「迷惑メールフォルダ」や「ごみ箱」をご確認下さい。迷惑メールフォルダにも返信メールがない場合には、再度メールにてご連絡下さい。ヤフーメール、gmail、hotmail、携帯メールをご利用のお客様は、特にご注意下さい。

    ※フォームご送信の際は、メールアドレスに間違いがないか、よくご確認下さい。誤入力のために、回答を差し上げられない事例が多発しています。

    お申し込みフォーム

    ご旅行、その他の各種手配に関してのお申し込みは、以下の「お申し込みフォーム」のリンクを開き、必要事項をご記入の上、ご送信下さい。ご住所、電話番号などをご入力頂くことになります。SSL(暗号化通信)に対応しておりますので、これらの情報は安全にご送信頂く事が可能です。

    お申し込みフォームご送信の際には、ご参加予定の皆様全員の、パスポート記載どおりのお名前を記述欄にご記入頂きますよう、お願い致します。各種手配に必要です。

    またお申し込みの前に、下記「お支払方法」「予約のキャンセル」の各項目をご一読下さい。

      お申込者様情報




      ※できるだけPCで受信できるアドレスをお知らせ下さい。





      ※ご旅行全体をお申込みの方のみご記入下さい。





      ご自由にご記入下さい

      ※フォームご送信の際は、メールアドレスに間違いがないか、よくご確認ください。誤入力のために、回答を差し上げられない事例が多発しています。

      送信完了後、内容を確認の上、48時間以内にメールにて連絡致します。

      また、こちらからのメールが迷惑メール扱いとなったり、何らかの障害によりメールの不配や遅配が発生します。72時間経過してもこちらからの受領確認の返信がない場合には、再度フォームをご送信の上、メールでもご連絡下さい。

      ※お申し込みの前に、「お支払方法」「予約のキャンセル」等について、今一度ご確認下さい。このフォームの送信をもって、それらの事項に同意されたものとみなします。

      お支払方法

      クレジットカード

      弊社カード決済システムへのリンクをメールで送信しますので、そこに必要事項をご入力の上、ご送信下さい。カード情報のメール送信はセキュリティに問題がありますので、おやめ下さい。お支払い金額全体の3%の取り扱い手数料を頂きます。最も安全で、かつ簡単なお支払い方法です。一般的にレートも有利なので、最もご利用頂く機会の多いお支払方法です。
      VISAMASTERのご利用が可能です。
      ※カードのご利用残高をご確認下さい。
      ※分割払いは基本的に出来ません。
      ※決済通貨は、ニュージーランド・ドルです。
      ※ご利用のカード会社が海外での決済をブロックしているために、決済が受け付けられないことがあります。詳細はご利用のカード会社にお問い合わせ下さい。

      銀行口座への海外送金

      日本の銀行より、ニュージーランドの弊社口座への電信為替送金にてお支払い頂きます。送金手数料が銀行により5千円前後発生します。送金手数料に関しては、お客様負担になります。(手数料の額は、各銀行により違います。)

      レートが比較的良く送金手数料も一定額以上発生しないため、手間はかかりますが高額のお支払いの場合には他の2つの方法よりも有利で、かつ安全なお支払方法です。

      この方法をご希望のお客様には、事前に送金先の弊社口座情報等をお知らせします。

      ニュージーランド・ドルの現金で直接お支払い

      催行の当日、ないしはニュージーランド到着時に、ニュージーランド・ドルで直接お支払い頂きます。予約保証金として、お支払い頂く金額全体の20%を、上記①ないし②の方法でお支払い頂き、残りを現金でお支払い頂きます。

      まとまったお金を持ち歩くことに抵抗が無い場合、または小額のお支払いの際には有効な方法です。

      なお、ご旅行中に頂いた直前の予約や1日程度の内容のご予約に関しては、予約保証金の対象とはなりません。

      航空券を同時にお申し込み頂いたお客様

      航空券をお申し込み頂いたお客様は、弊社によるオンライン予約の代行の場合は航空会社からお客様のクレジットカードへ直接請求が。格安チケットご利用の場合は航空券代金のみを航空券の代行販売元(日本国内の旅行会社)の銀行口座へお振込み頂きます。いずれも日本円でのお支払いとなります。
      それ以外の旅行代金のお支払いにつきましては、弊社宛てに上記①~③のいずれかの方法でお支払い頂きます。

      予約のキャンセル

      ご予約確定後のキャンセルについては、以下の通りキャンセル料を申し受けますのでご確認下さい。ご同意頂けない場合には、予約を受け付けることができません。ご理解の程、よろしくお願いします。ご予約日、またはご旅行日程初日が基準となります。
      また、航空券をはじめ、一部の宿泊先やアクティビティ等においては、弊社キャンセル規定よりも厳しい制限が課される場合があります。その場合にはそれらについてのキャンセル料実費を、以下のキャンセル規定に関わらず頂戴することになります。

      日程から遡って、28日以内のキャンセル⇒料金全体の20%
      日程から遡って、7日以内のキャンセル⇒料金全体の50%
      日程の前日から、日程中のキャンセル⇒料金全体の100%
      ※クレジットカードお取り扱い手数料は、返金の対象にはなりません。

      なお、日程中に天候などの不可避、あるいは安全上の理由により予定の内容を続行できない事態が発生した場合には、お客様の利益を守ることを基本に対応をさせて頂きますが、実行できない内容などに関わる返金等をお約束することは出来ません。ご了承下さい。(台風などにより日本出発が遅れた場合、降雪による道路閉鎖などもこれに含みます。)

      最新ニュース

      ニュージーランド南島・西海岸地区(ウェストコースト)。ここには一歩足を踏み入れただけで、体も心も洗われるようなピュアで美しい野生の森がどこまでも続いています。写真は、フォックス氷河村のすぐ脇にある散策路。雨上がりの晴れ間が最高に美しい森です😊夜にはツチボタルも! ... See MoreSee Less
      Facebookでこの記事を読む
      そろそろ黄葉もおしまい。写真は1週間前のものです。 ... See MoreSee Less
      Facebookでこの記事を読む
      写真中央の白く光るたくさんの糸。何かわかりますか?これはツチボタルが作る、いわゆる巣のようなものです。ツチボタルは湿った森の中に住んでいる、空飛ぶ虫の幼虫。倒木や苔むした岩が覆いかぶさったような場所の天井にチューブ状の巣を作り、そこからエサとなる虫を捕獲するための粘着性の釣り糸をすだれのように垂らしているのです。その釣り糸がこの写真の中の白い筋。夜になるとツチボタルは発光して、エサをここへおびき寄せるのです。洞窟の中で見るツチボタルはよく知られていますが、意外と身近に棲息しているんですよ。さて、ニュージーランドは昨日(5月2日)から、入国制限が緩和されました。2年の時を経て、日本を含むビザ免除国からの「検疫・隔離なし」の渡航が再開されたのです。これは大きな一歩前進。しかしまだまだ本格的な旅行再開とは言えません。様々な制限や条件が渡航前からあるので、ここで日本人旅行者という観点に絞ってまとめておきましょう。〔渡航条件〕・ワクチン接種済みであること〔渡航前の準備〕・ワクチンの接種証明・出発72時間以内の検査でコロナウィルス陰性であることと、医療機関で取得したその証明・渡航前事前申告(Traveller declaration)~オンラインで提出・NZeTA(電子ビザ)の取得〔渡航後〕・到着時、および到着後第5日目での迅速抗原検査と、その結果の報告義務・上記で陽性となった場合は、そこから即7日間の自主隔離〔帰国前~日本入国に関わる各種の準備(日本政府側からの義務事項)〕・渡航(帰国)72時間前の検査での陰性証明・ワクチン接種証明(旅行前に日本国内で用意)〔帰国後(同上)〕・誓約書の提出・スマートフォンの携行、必要なアプリの登録 ・質問票の提出とまあ、日本&ニュージーランドの両サイドで、これだけの義務や条件が課されるというわけです。なかなか観光目的の旅行では、これだけのものをクリアするのは難しいかも知れませんね😅ということで、事実上のニュージーランド旅行の再開は、もう少し先のこととなりそうです。以上、情報まで。 ... See MoreSee Less
      Facebookでこの記事を読む
      ニュージーランド固有の青いキノコ。英語の通称がブルー・マッシュルーム(単純なネーミング!)。マオリ語で、werewere-kokako。$50札のデザインの一部にもなっているこのキノコは、この時期ニュージーランドの雨の多い地域の原始林で見ることができます。なかなかに鮮やかな青色は、暗い原生林内では光を放っているかのように見えます。一見の価値あり😊写真は2週間前の、南島西海岸地区(Westcoast)にあるマセソン湖でのもの。 ... See MoreSee Less
      Facebookでこの記事を読む
      クイーンズタウン周辺の黄葉が最盛期になりました! ... See MoreSee Less
      Facebookでこの記事を読む
      クイーンズタウンの住宅街からスタートする4時間前後のハイキングコース。山奥に足を運んでいるわけでもないのに、すっかり市街地に近いことを忘れさせてくれます。コケに覆われた原始林、渓流、そして森林限界上からの写真のような風景と、実にバラエティ豊かな景色を楽しむことができるのです。美しい景色には事欠かない、ニュージーランドです😊 ... See MoreSee Less
      Facebookでこの記事を読む
      ニュージーランド南島の南端にある、Catlins Coast(キャトリンズ・コースト)の3分の1ほどを訪れました😄日本からの旅行者にはまだまだ知られていない場所ですが、複雑な海岸線の美しさはもちろん、野生の森林や数々の綺麗な滝、貴重な野生動物たちは、とても見ごたえがあります。決して広いエリアではありませんが、3日くらいかけてじっくり巡りたい場所です。 ... See MoreSee Less
      Facebookでこの記事を読む
      本日の政府発表。(日本からの渡航者に関連する部分のみ)これまで「7月までに」としていた、日本を含むビザ免除国からの渡航者受け入れ再開を、「5月1日より」と前倒しして実施することを決定しました。渡航に際しての条件は以下の通り。・ワクチン接種完了済みであること・出発前の検査で陰性であること(証明が必要)・これまで通り、eTAの事前取得が必要・到着後に2回のRATテスト(到着日、および5日ないしは6日目)を行い、報告すること以上で、隔離期間を必要としない入国が可能となります。ただし、到着後の2回のテストのいずれかで陽性が判明した場合には、その時点から7日間の自主隔離が義務付けられます。ということは、旅行の予定に関わらず陽性反応が出た場合には7日間の隔離が必要になるわけで、場合によっては帰国スケジュールにも影響するわけです。もちろん、医療費や、隔離期間中の滞在先の確保、食事の確保(買い物のための外出もできない)、新たな移動手段や航空便の確保 などが必要にもなります。ですから5月1日以降、日本からの旅行目的での渡航が事実上可能になったのかどうか?と考えると、少なからずの疑問が残ることは否めません。どちらにしても、さらに一歩前進ととらえたいと思います! ... See MoreSee Less
      Facebookでこの記事を読む
      以前に、ニュージーランドが国境再開までの5つのステップを発表したことをこの場でお知らせしましたが、それを踏まえて本日の政府発表をお伝えします。まず小さな内容としては、この5つのステップがそれぞれ前倒しされて施行される見通しであるということ。そして何と言っても大きい内容は、これまでそれぞれのステップにおいて必要としていた、「入国後の自主隔離期間(7日間)」を【排除する】、というものです。つまり、入国後はすぐにどこにでも移動できる=旅行が可能?、ということになります。ただし以下の条件は残ります!3つめが問題😅・渡航前の検査(72時間以内)で陰性であること。・ワクチン接種を完了していること(2回、ないしは3回)。 ⇒接種証明が必要。ワクチン未接種の場合には、入国時から強制隔離。・迅速抗原検査(RAT)を、入国時、および入国から5日目に行うこと。陽性反応が出た場合には、その時点から隔離(恐らく、7~10日間)が必要。ということは、渡航後の検査において陽性となった場合には、予定されている旅行の日程に関わらず少なくとも1週間程度の隔離が必要になる、ということです。旅行はもちろんそこでストップ。場合によっては帰国スケジュールの変更や、追加の宿泊や移動の手配とそのための費用も発生する、ということになります。当然医療費も。果たして海外旅行傷害保険はそれらに適用されるのか?という疑問も当然ながら生まれます。他にも問題はたくさん。ということでそれなりのリスクはあるので、現実的には旅行のための渡航を行うには、けっこうな勇気が必要です。しかし、これは大きな前進。旅行再開がグッと近づいてきたように感じます! ... See MoreSee Less
      Facebookでこの記事を読む
      先日のミルフォード・サウンドで撮影したイルカの写真を追加です😊なかなかあれほど沢山、あれほど近距離で出会えるわけではないので。ちなみに種類は、バンドウイルカです。 ... See MoreSee Less
      Facebookでこの記事を読む