あの街に行こう!アオラキ/マウントクック

アオラキ/マウントクック

オセアニアの最高峰

ニュージーランドの自然の象徴的存在!

ニュージーランドの最高峰「アオラキ/マウントクック」(Aoraki/Mount Cook)は、標高3724メートル。ニュージーランドだけではなく、オセアニア全体の最高峰でもあります。
四季を通じて万年雪や氷河を抱く急峻で威風堂々とした姿は、ニュージーランドが誇る広大な世界自然遺産「テ・ワヒ・ポウナム」(Te Wahi Pounamu)の中でも、ミルフォード・サウンドと並んで象徴とされるものです。その姿を目の当たりにすれば、誰もが言葉を呑んでしまうほどのスケールの大きさを持つ山。ニュージーランド旅行の目的地としても、初めてこの国を訪れる旅行者にとっては国籍を問わずに定番とされてきました。
アオラキ/マウントクックへ続く道

高峰を取り囲む自然条件は、ニュージーランドに限らず世界中どこも厳しいものですが、このアオラキ/マウントクックでもそれは同じ。ニュージーランド南島を東西に隔てる山脈(サザン・アルプス)の中核にあるこの山には雲が付きやすく、実はなかなか姿を見せないという一面もあります。他のニュージーランド南島の地域に比べて特に低温ということはありませんが、天候は「山の天気は変わりやすい」という言葉そのもの。山に出会えるかどうかは、その時の運次第とも言えるのです。もし運よく出会えたら、一生忘れられない感動にも巡り合えるかも知れません!
夏のマウントクック

マウントクック村周辺は昔からハイキングやトレッキングのメッカで、経験のあまりない方から経験者でも楽しめる大小のコースがたくさんあります。ケアポイント(往復約2時間)、フッカー・バレー(往復約4時間)といった定番のコースでも、素晴らしい山岳の風景が楽しめることでしょう。
さらにお勧めは、ちょっとお値段が張りますがヘリコプターやスキープレーン(足にスキーがついたセスナ機)での遊覧飛行。空の上から景色を眺めるだけでなく、なんと人の足ではなかなか近づくことができない氷河や万年雪の上に着陸。自分の足で雪や氷の感触を確かめつつ、テレビの中でしか出会ったことがないような素晴らしい自然の景観に遭遇します。

マウントクックに泊まる

立ち寄るだけではなかなかその姿を見るのは難しいマウントクックも、宿泊すれば可能性はグンと上昇。好天に恵まれれば、素晴らしい滞在になることは間違いありません。

マウントクックの宿泊施設は、有名な「ハーミテージ・ホテル」にほぼ絞られる、と言っても良いでしょう。ハーミテージ・ホテルは、一般のホテルの客室以外にも数種類の宿泊施設を所有、経営していて、多用な旅行者のニーズに対応しています。また、食事ができるレストランやカフェも、このホテル内の各施設にほぼ限定されます。
ハーミテージホテル客室から

【ハーミテージ・ホテル所有の宿泊施設】
ホテル
マウントクック村の中心。新館(アオラキ・ウィング)の客室の窓からは、マウントクックが真正面に!

マウントクック・ロッジ
ホテルから少し離れた場所にある比較的安価な施設。客室は多様で、相部屋(バックパッカーズ)、個室、モーテル、シャレ-(山小屋風コテージ)など。家族用ユニットあり。

【その他のマウントクックの宿泊施設】
ユースホステル
アルパイン・ロッジ(バックパッカーズ風のロッジ)
モーテル

マウントクックのアトラクション

遊覧飛行
ヘリコプター遊覧
遊覧飛行は何と言ってもヘリコプターがお勧め。遊覧飛行としては世界でもトップクラス!
スキープレーン
氷河着陸遊覧飛行の元祖。
グラシア・エクスプローラー
氷河の氷が浮かぶ湖に、小型のボートで漕ぎ出します。
4WDツアー
小型のバギーであちこち探険。
氷河ハイキング/ヘリスキー
サー・エドモンド・ヒラリー・アルパインセンター
ハーミテージホテル内にある、マウントクック登頂の歴史やヒラリー卿の探険の足跡を展示する資料館、3Dシアター、プラネタリウム。

【代表的なハイキングコース】
ハイキング
ボウエン・ブッシュ
約15分。散歩程度のブッシュウォーク。
ガバナーズ・ブッシュ
往復1時間。村の背後の高台に上がる、急勾配のコース。
ケア・ポイント
往復約2時間。平坦で歩きやすいコース。マウントクックがずいぶん近くに見えます。
フッカー・バレー
往復約4時間。マウントクックとフッカー氷河を間近に望む、人気コース。
レッド・ターンズ
往復約2時間。急勾配。村を眼下に見下ろす展望は秀逸。体力のある方向け。
セアリー・ターンズ
往復約4~5時間。ケア・ポイント手前から急勾配を登る。経験者向け。

※これらのコースの詳細な情報や状態については、DOC(Department Of Conservation)のウェブサイト、現地ビジターセンターにてご確認下さい。

アオラキ/マウントクックを訪れるモデルプランはこちら

最新ニュース

少し遠目でわかりづらいですが、こちらはニュージーランドのシラサギ、ホワイト・ヘロン(White Heron)。マオリ語名はコトゥク(Kōtuku)。瀬の高さが70cmくらいになる、大きく、優雅な、容姿端麗の鳥です。
ニュージーランドの2ドル硬貨のデザインにもなっている、この国の象徴的な鳥の一つで、大事な保護鳥。それもそのはず。繁殖場所は南島西海岸のオカリトという村の近くのただ1か所に限定されているのです。人の足では全く近づくこともできないその場所へは、特別許可を所有しているツアー会社のジェットボートで訪れることができます。
時々ミルフォード・サウンドにもやってくるので、見ることができれば超ラッキー😆
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

クイーンズタウンから車で45分。
ごく軽めのハイキングコースでも、この景色。写真では分かりづらいですが、遠くの山肌には氷河も見えています。
とにかく自然が身近なニュージーランドです😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランド・あるある😆

今は真冬。南島南部の気温は、日中でもひとケタです。
前を行く小学生の女の子は、なんと裸足で短パン。上着もパーカーだけ。ぜんぜん珍しいことではありません。実際、まだこれは可愛い部類。
真冬の0℃前後の気温の中で、短パン、半袖、裸足なんていう人に出会うことも、驚くべきことではないのです!
服装に季節感がぜんぜん感じられない。ニュージーランドはそんな国です😅
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

こちらはTui(トゥイ)。
ニュージーランドを代表する鳥の一種です。
高らかな声で鳴き、バタバタと大きな羽音を立てて飛ぶ、少し騒々しいというか、賑やかな鳥。
喉元の真っ白なボンボリが特徴の、色々な意味で「目立つ」鳥なのです。一見黒いのですが、実は光沢のある緑色の体が美しい、人気者の鳥です。
もちろん、御土産グッズや、なんとビールのブランド名にもなっています!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドはすっかり冬⛄️です。
クイーンズタウンでは、スキー場がオープンしたり、毎年恒例の冬のお祭りが始まったりと、イベントには事欠きません。
学校の長期休みももうすぐ始まるので、また街は賑やかになりそうです😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

この冬一番の寒波がやってきて、ニュージーランド各地の内陸はもちろん、海岸線に近い所まで雪に覆われました!
いよいよ各地のスキー場も全てオープンかな?
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

こちらはウェカ(Weka)。
ニュージーランド固有の飛べない鳥の一つで、飛べない鳥の中では唯一絶滅危惧種とはされていない種です。大きさは、ニワトリよりもひとまわり小さいくらい。主には南島の西海岸方面の森の中で会うことができます。好奇心旺盛で、人の近くにも怖がらずに寄ってきていたずらをすることも😅
時々道路に出てきて交通事故に遭ってしまうこともあるので、場所によってはウェカ注意の交通標識まであるんですよ。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

本当は快晴のはずなのに、低くガスが垂れ込めてなかなか気温が上がらない。そんな真冬の典型的な気候が多くなりました。スキー場オープンの知らせもちらほら。
ニュージーランドは本格的に冬です😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドのコロナの状況:
市中感染は約2か月間ありません。
隔離中の帰国者中での感染は1日0~数件程度ありますが、全て隔離施設内でのものです。
ワクチン接種は、国境に関わる職種の国民と、リスクの高い年齢や地域、人種から順に行われ、これまでに80万回弱の接種が行われました。(そのうち、2回接種された人は約27万人)。7月下旬から、一般市民への接種が始まる予定。年末までに、80万~100万人の接種を目指しています。
現在警戒レベル1で、国内での行動制限等は基本的になく、大型のイベント等も普通に行われています。平和です。
オーストラリア、クック諸島との人の往来には基本的に制限がありませんが、現在は最近市中感染が確認されているオーストラリアのビクトリア州からの渡航に対して制限があります。
その他全ての国や地域からの渡航に対しては厳しい制限があります。

以上、ニュージーランドのコロナの近況でした。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

毎年この時期恒例となった光のアートをテーマにしたお祭り「LUMA」が、今年もクイーンズタウン・ガーデンで開催されました。4日間の開催期間中、合計5万人もの人出で賑わいました😊
どうりで街が混雑していたわけだ・・・。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む