あの街に行こう!アオラキ/マウントクック

アオラキ/マウントクック

オセアニアの最高峰

ニュージーランドの自然の象徴的存在!

ニュージーランドの最高峰「アオラキ/マウントクック」(Aoraki/Mount Cook)は、標高3724メートル。ニュージーランドだけではなく、オセアニア全体の最高峰でもあります。
四季を通じて万年雪や氷河を抱く急峻で威風堂々とした姿は、ニュージーランドが誇る広大な世界自然遺産「テ・ワヒ・ポウナム」(Te Wahi Pounamu)の中でも、ミルフォード・サウンドと並んで象徴とされるものです。その姿を目の当たりにすれば、誰もが言葉を呑んでしまうほどのスケールの大きさを持つ山。ニュージーランド旅行の目的地としても、初めてこの国を訪れる旅行者にとっては国籍を問わずに定番とされてきました。
アオラキ/マウントクックへ続く道

高峰を取り囲む自然条件は、ニュージーランドに限らず世界中どこも厳しいものですが、このアオラキ/マウントクックでもそれは同じ。ニュージーランド南島を東西に隔てる山脈(サザン・アルプス)の中核にあるこの山には雲が付きやすく、実はなかなか姿を見せないという一面もあります。他のニュージーランド南島の地域に比べて特に低温ということはありませんが、天候は「山の天気は変わりやすい」という言葉そのもの。山に出会えるかどうかは、その時の運次第とも言えるのです。もし運よく出会えたら、一生忘れられない感動にも巡り合えるかも知れません!
夏のマウントクック

マウントクック村周辺は昔からハイキングやトレッキングのメッカで、経験のあまりない方から経験者でも楽しめる大小のコースがたくさんあります。ケアポイント(往復約2時間)、フッカー・バレー(往復約4時間)といった定番のコースでも、素晴らしい山岳の風景が楽しめることでしょう。
さらにお勧めは、ちょっとお値段が張りますがヘリコプターやスキープレーン(足にスキーがついたセスナ機)での遊覧飛行。空の上から景色を眺めるだけでなく、なんと人の足ではなかなか近づくことができない氷河や万年雪の上に着陸。自分の足で雪や氷の感触を確かめつつ、テレビの中でしか出会ったことがないような素晴らしい自然の景観に遭遇します。

マウントクックに泊まる

立ち寄るだけではなかなかその姿を見るのは難しいマウントクックも、宿泊すれば可能性はグンと上昇。好天に恵まれれば、素晴らしい滞在になることは間違いありません。

マウントクックの宿泊施設は、有名な「ハーミテージ・ホテル」にほぼ絞られる、と言っても良いでしょう。ハーミテージ・ホテルは、一般のホテルの客室以外にも数種類の宿泊施設を所有、経営していて、多用な旅行者のニーズに対応しています。また、食事ができるレストランやカフェも、このホテル内の各施設にほぼ限定されます。
ハーミテージホテル客室から

【ハーミテージ・ホテル所有の宿泊施設】
ホテル
マウントクック村の中心。新館(アオラキ・ウィング)の客室の窓からは、マウントクックが真正面に!

マウントクック・ロッジ
ホテルから少し離れた場所にある比較的安価な施設。客室は多様で、相部屋(バックパッカーズ)、個室、モーテル、シャレ-(山小屋風コテージ)など。家族用ユニットあり。

【その他のマウントクックの宿泊施設】
ユースホステル
アルパイン・ロッジ(バックパッカーズ風のロッジ)
モーテル

マウントクックのアトラクション

遊覧飛行
ヘリコプター遊覧
遊覧飛行は何と言ってもヘリコプターがお勧め。遊覧飛行としては世界でもトップクラス!
スキープレーン
氷河着陸遊覧飛行の元祖。
グラシア・エクスプローラー
氷河の氷が浮かぶ湖に、小型のボートで漕ぎ出します。
4WDツアー
小型のバギーであちこち探険。
氷河ハイキング/ヘリスキー
サー・エドモンド・ヒラリー・アルパインセンター
ハーミテージホテル内にある、マウントクック登頂の歴史やヒラリー卿の探険の足跡を展示する資料館、3Dシアター、プラネタリウム。

【代表的なハイキングコース】
ハイキング
ボウエン・ブッシュ
約15分。散歩程度のブッシュウォーク。
ガバナーズ・ブッシュ
往復1時間。村の背後の高台に上がる、急勾配のコース。
ケア・ポイント
往復約2時間。平坦で歩きやすいコース。マウントクックがずいぶん近くに見えます。
フッカー・バレー
往復約4時間。マウントクックとフッカー氷河を間近に望む、人気コース。
レッド・ターンズ
往復約2時間。急勾配。村を眼下に見下ろす展望は秀逸。体力のある方向け。
セアリー・ターンズ
往復約4~5時間。ケア・ポイント手前から急勾配を登る。経験者向け。

※これらのコースの詳細な情報や状態については、DOC(Department Of Conservation)のウェブサイト、現地ビジターセンターにてご確認下さい。

アオラキ/マウントクックを訪れるモデルプランはこちら

最新ニュース

今日からニュージーランドは、夏時間(デイライト・セービング)開始。日本との時差は4時間になります! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
本日の政府発表により、コロナウィルス感染防止に関わる全ての義務が、今日をもって撤廃されることになりました。ニュージーランドへの渡航者についても、ワクチン接種証明の提示や、入国後2度の検査が不要(奨励のみ)となります。ただし、陽性者については陽性判明時から7日間の隔離義務が依然として課されます。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
シーズンも終盤のスキー場ですが、まだまだ賑わっています!しかし!街には春の雰囲気が日に日に増してきています!! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
日本政府がやっと、「9月7日より帰国前のPCR検査による陰性証明を求めない」ことを決定しました。これにより、ニュージーランドへの旅行を行うにあたっての事実上の障壁は、「ニュージーランド入国後、到着日、および第5日目での検査により陽性が判明した場合には、7日間の隔離が必要」という、ニュージーランド政府が定めるルールのみになりました。大きな前進😊 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
※長文投稿になります。国境を超えた人の往来が世界的に徐々に正常化へ向けて動き始めている中、ニュージーランド航空が今後のフライトスケジュールを発表しました。まずは以下、ニュージーランド航空からの発表を原文のまま抜粋。-------本日、ニュージーランド航空は、ニュージーランドの夏シーズン(2022/10/30~2023/3/25)の運航スケジュールを発表しました。8月よりニュージーランドへの入国制限は完全に撤廃され、すべての国、地域からの入国が可能になりました。また6月からはすでに渡航前検査も不要となっています。久しぶりの海外旅行は、夏のニュージーランドへのご旅行をぜひご検討ください。*ニュージーランド入国に際し、新型コロナワクチン接種を完全に完了している必要があります。*日本入国に際しての陰性証明の提出は引き続き必要となります。オークランド-成田路線 運航スケジュール2022/10/30~2022/11/27    週3便(水、金、日)2022/11/28~2022/12/11    週4便(水、金、土、日)2022/12/12~2023/2/5    週6便(月、火、水、金、土、日)2023/2/6~2023/2/12    週6便(月、水、木、金、土、日)2023/2/13~2023/3/25    週7便(毎日)*関空便は引き続き運休となります。------上記の通り、8月に入ってから、ニュージーランド渡航に際する出発前検査および陰性証明は必要なくなりました。よって基本的にはワクチン接種完了者であれば誰でもニュージーランドへの渡航が出来るようになっています。旅行にあたって必要な手続きや義務(感染症予防の観点のみ)は、以下の通りです。(1)出発前に、オンラインによるTraveller Declaration(事前申告)の提出(ここで、ワクチンの接種証明をアップロードする必要があります)(2)入国後、入国時、および滞在5日目の自己検査(RAT=迅速抗原検査)と、その結果の報告義務と、ここまでは航空会社や旅行会社がウェブサイト等にはっきりと明記している部分。しかしさらに、実は旅行の可否を左右する大きな問題となる制限が2つあります。ゆめらんどNZ.comは旅行会社の責任として、ここを隠さずお伝えします。それが以下の2つ。(3)上記(2)の検査で陽性が判明した際には、その時点から7日間の隔離義務(旅行のスケジュールに関わらず)(4)日本帰国前のPCR検査(もしこれで陽性が判明した場合には、上記7日間の隔離+陰性反応が得られるまでのNZ国内での足止め)(ニュージーランド航空は、この点を明記していますね)(3)は、陽性が判明した時点でその後の旅行スケジュールは全て白紙になるということです。急いで7日間の隔離場所(宿泊先)を確保し、その後の移動手段(国際線旅客を含む)なども手配しなければいけません。もちろん隔離中は買い物にも出ることが出来ないので、食事等をどうするのか?という点も重要な検討事項です。ハイシーズンで7連泊できる場所、果たして簡単に見つかるのでしょうか?そして(4)は日本政府による制限。まず帰国前にPCR検査(医療機関で対応)で陰性であることが必要です。当然、検査のための日程確保が必要です。そしてそこで陽性反応が出た場合、まずはNZ政府が定める7日間の隔離が必要。そしてその後、陰性反応が得られるまでは帰国できない、ということになります。自覚症状が消えた後でも、かなりの確率で陽性反応は出続けますから、長期間の足止めを余儀なくされる、ということは十分に考えられます。いつ帰国できるのかわからない状態が続く、ということです。これまでのいくつかの事例の中には、この制限によって帰国予定日を2週間過ぎても帰国できない、ということもあったようです。早速日本からの旅行者、スキー客が見られるようになってきましたが、依然として渡航に際してはそれなりのリスクを抱える勇気というか、決断が必要とされている現状です。以上、情報まで。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
悪天候の波状攻撃😅毎週のように、各地で洪水や降雪による道路障害、強風などが問題になった7月。雨量も記録的に多かったとのことでした。そしてその流れは月が変っても続くようです。今日は午後から雪マーク❄️ ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
スキーシーズン真っ盛りです! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
これはニュージーランド固有の鳥「タカヘ」。生息数は500羽にも満たない、絶滅危惧種の飛べない鳥です。野生の姿を見ることはほぼできませんが、鳥のサンクチュアリや保護施設など、ごく限られた場所で見ることができます。徹底した保護の甲斐があって、タカヘをはじめとした絶滅危惧種の生息数が少しずつ増えてきました。四方を海に囲まれ、近くに他の陸地がないニュージーランドには、独特な生き物がたくさんです! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
ニュージーランド南島第二の都市、ダニーデンにある、世界一急な坂「ボールドウィン・ストリート」(住宅が立ち並ぶ通りとして世界一急な坂)。この坂の傾斜の凄さをいったいどうやって写真に収めると上手に伝えることができるのか?と、いつも考えてしまいます。さて今日はダニーデンにて、ラグビーの国際試合「NZ代表オールブラックス vs. アイルランド代表」が行われます。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
霜に覆われたラグビーグランド。冬はラグビーの季節です。オールブラックスの国際試合から、地元の少年団まで、寒空の下でも週末はあちらこちらで歓声が響いています。そしてラグビー女子のワールドカップは、今年ニュージーランド開催😊 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む