あの街に行こう!テ・アナウ

テ・アナウ

世界自然遺産への玄関口&山歩きのメッカ

ニュージーランド最大の世界遺産へ!

「テ・アナウ」(Te Anau)は、ニュージーランドで2番目の大きさを誇るテ・アナウ湖の畔に佇む、人口3500人前後の小さく落ち着きのある町です。ニュージーランド観光の中心都市であるクイーンズタウンから陸路で約2時間。クイーンズタウンとミルフォード・サウンドとの中間地点に位置し、南島を訪れる旅行者の多くが、少なくとも立ち寄る町です。

この町の最大の魅力は、何といっても野性的な自然。ニュージーランド最大で、世界でも最大級の国立公園である「フィヨルドランド国立公園」に接し、国立公園事務所が設置されていることからも、ここが紛れもないニュージーランドが世界に誇る大自然への玄関口と言えるでしょう。国立公園内には、一度は絶滅したとされていた幻の飛べない鳥「タカヘ」をはじめ、他にも沢山の世界的に貴重な固有の動植物が、今もなお存在しているのです。そしてその国立公園は、さらに巨大な世界自然遺産地域「テ・ワヒ・ポウナム」(Te Wahi Pounamu)の中核でもあります。
ミルフォード・サウンド

このテ・アナウは、ずいぶん前からトレッキング(山歩き)に関しては世界的に有名な場所でした。「ルートバーン・トラック」「ケプラー・トラック」、そして「世界一美しい散歩道」とまで言われる「ミルフォード・トラック」までもが、この町を起点としてスタートするのです。他にも素晴らしいコースがたくさん。だから夏には、沢山の山歩き愛好家で賑わいます。

また、ニュージーランドで最も有名な景勝地である「ミルフォード・サウンド」や、「ダウトフル・サウンド」といったフィヨルド観光を行なう人々にとっても大切な中継地点。さらに、神秘的な「ツチボタル洞窟」へのツアーなどもあることから、ここに数泊滞在する一般の旅行者も、少なくありません。フィヨルド観光のついでに、ツチボタルまで見られちゃう。あるいはハイキングまでできちゃう、という、まさに「一粒で二度美味しい」ような町なのです。

ハイキング&トレッキング

テ・アナウ周辺には、長さも難易度も様々なハイキングやトレッキングのコースがたくさんあり、歩く方それぞれの体力や技術に合わせてコースを選ぶことができます。
コース上で見られる景色も様々で、原始の森、急峻な山岳、神秘的な湖、豪快な滝など、実にバラエティ豊か。世界的に有名なニュージーランドの山歩きの魅力が、ぎっしりと詰まっているのです。参加コースによっては日本人ガイド付きツアーもあるので、専門的な説明、特に安全に関わる面でのコミュニケーションもしっかり得られ、山歩きの経験があまりない方でも安心して楽しむことができます。

【泊を伴うコースの代表的なもの】
ルートバーン・トラック

  • ミルフォード・トラック
    「世界一美しい」と言われる、超有名コース。全行程3泊4日(ガイド付きは4泊5日)。完全予約制で、早期の予約が必要。
  • ルートバーン・トラック
    やはり超有名。全行程2泊3日。刻々と変化する森や山岳の景観がとにかく素晴らしいコース。こちらも完全予約制。
  • ケプラー・トラック 
    全行程3泊4日。山や湖の景観が見応えある山岳コース。
  • ホリフォード・トラック
    2泊3日。森と川の景観が美しいコース。最後は飛行機で脱出!

【半日から1日のコースの代表的なもの】
1日ハイキング

  • キーサミット
    ルートバーン・トラックの一部をなす、人気の1日コース。
  • ケプラー・ネイチャー・ウォーク
    ケプラー・トラックの一部。ワイアウ川沿いの森林の中を歩く。
  • レイク・マリアン
    神秘的な山上湖に辿り着く、勾配のきついコース。

フィヨルドランド国立公園で遊ぶ!

ダウトフルサウンド

ニュージーランド最大の国立公園であるフィヨルドランド国立公園内は、歩いて立ち入ることすら認められない場所が沢山で、道路もわずかに数本のみ。「守る」ために人間から隔離している、と言っても過言ではありません。
そんな国立公園内へ入っていく手段や専門のツアーは、限定されつつも内容は充実。自然派の旅行者にはたまらない魅力があるのです。

  • ミルフォード・サウンド1日観光
    定番の1日観光。道中の景観がとにかく素晴らしい。クルーズは数種類の内容がある。
  • ダウトフル・サウンド1日観光
    特定の現地ツアー会社のツアーでしか行くことができない秘境。スケールの大きい景観が魅力。
  • ミルフォード・サウンド・オーバーナイト・クルーズ
    ミルフォード・サウンドで船中泊する、1泊2日のクルーズ。ミルフォードをじっくりと楽しむことができる。お勧め。
  • ダウトフル・サウンド・オーバーナイト・クルーズ
    こちらも1泊2日。秘境ならではの静寂感とスケールの大きな風景に出会える。こちらもお勧め。
  • ツチボタル洞窟ツアー
    神秘的なツチボタル洞窟へのツアー。所要約2時間30分。
    ツチボタル洞窟ツアー
  • 遊覧飛行
  • シーカヤック
  • ワイルドライフ・パーク
    幻の鳥「タカヘ」に出会える野鳥公園。入場無料(募金)。
  • 国立公園本部
  • トラウト・オブザーバトリー

テ・アナウを訪れるモデルプランはこちら

最新ニュース

ニュージーランド南島・西海岸地区(ウェストコースト)。ここには一歩足を踏み入れただけで、体も心も洗われるようなピュアで美しい野生の森がどこまでも続いています。写真は、フォックス氷河村のすぐ脇にある散策路。雨上がりの晴れ間が最高に美しい森です😊夜にはツチボタルも! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
そろそろ黄葉もおしまい。写真は1週間前のものです。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
写真中央の白く光るたくさんの糸。何かわかりますか?これはツチボタルが作る、いわゆる巣のようなものです。ツチボタルは湿った森の中に住んでいる、空飛ぶ虫の幼虫。倒木や苔むした岩が覆いかぶさったような場所の天井にチューブ状の巣を作り、そこからエサとなる虫を捕獲するための粘着性の釣り糸をすだれのように垂らしているのです。その釣り糸がこの写真の中の白い筋。夜になるとツチボタルは発光して、エサをここへおびき寄せるのです。洞窟の中で見るツチボタルはよく知られていますが、意外と身近に棲息しているんですよ。さて、ニュージーランドは昨日(5月2日)から、入国制限が緩和されました。2年の時を経て、日本を含むビザ免除国からの「検疫・隔離なし」の渡航が再開されたのです。これは大きな一歩前進。しかしまだまだ本格的な旅行再開とは言えません。様々な制限や条件が渡航前からあるので、ここで日本人旅行者という観点に絞ってまとめておきましょう。〔渡航条件〕・ワクチン接種済みであること〔渡航前の準備〕・ワクチンの接種証明・出発72時間以内の検査でコロナウィルス陰性であることと、医療機関で取得したその証明・渡航前事前申告(Traveller declaration)~オンラインで提出・NZeTA(電子ビザ)の取得〔渡航後〕・到着時、および到着後第5日目での迅速抗原検査と、その結果の報告義務・上記で陽性となった場合は、そこから即7日間の自主隔離〔帰国前~日本入国に関わる各種の準備(日本政府側からの義務事項)〕・渡航(帰国)72時間前の検査での陰性証明・ワクチン接種証明(旅行前に日本国内で用意)〔帰国後(同上)〕・誓約書の提出・スマートフォンの携行、必要なアプリの登録 ・質問票の提出とまあ、日本&ニュージーランドの両サイドで、これだけの義務や条件が課されるというわけです。なかなか観光目的の旅行では、これだけのものをクリアするのは難しいかも知れませんね😅ということで、事実上のニュージーランド旅行の再開は、もう少し先のこととなりそうです。以上、情報まで。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
ニュージーランド固有の青いキノコ。英語の通称がブルー・マッシュルーム(単純なネーミング!)。マオリ語で、werewere-kokako。$50札のデザインの一部にもなっているこのキノコは、この時期ニュージーランドの雨の多い地域の原始林で見ることができます。なかなかに鮮やかな青色は、暗い原生林内では光を放っているかのように見えます。一見の価値あり😊写真は2週間前の、南島西海岸地区(Westcoast)にあるマセソン湖でのもの。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
クイーンズタウン周辺の黄葉が最盛期になりました! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
クイーンズタウンの住宅街からスタートする4時間前後のハイキングコース。山奥に足を運んでいるわけでもないのに、すっかり市街地に近いことを忘れさせてくれます。コケに覆われた原始林、渓流、そして森林限界上からの写真のような風景と、実にバラエティ豊かな景色を楽しむことができるのです。美しい景色には事欠かない、ニュージーランドです😊 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
ニュージーランド南島の南端にある、Catlins Coast(キャトリンズ・コースト)の3分の1ほどを訪れました😄日本からの旅行者にはまだまだ知られていない場所ですが、複雑な海岸線の美しさはもちろん、野生の森林や数々の綺麗な滝、貴重な野生動物たちは、とても見ごたえがあります。決して広いエリアではありませんが、3日くらいかけてじっくり巡りたい場所です。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
本日の政府発表。(日本からの渡航者に関連する部分のみ)これまで「7月までに」としていた、日本を含むビザ免除国からの渡航者受け入れ再開を、「5月1日より」と前倒しして実施することを決定しました。渡航に際しての条件は以下の通り。・ワクチン接種完了済みであること・出発前の検査で陰性であること(証明が必要)・これまで通り、eTAの事前取得が必要・到着後に2回のRATテスト(到着日、および5日ないしは6日目)を行い、報告すること以上で、隔離期間を必要としない入国が可能となります。ただし、到着後の2回のテストのいずれかで陽性が判明した場合には、その時点から7日間の自主隔離が義務付けられます。ということは、旅行の予定に関わらず陽性反応が出た場合には7日間の隔離が必要になるわけで、場合によっては帰国スケジュールにも影響するわけです。もちろん、医療費や、隔離期間中の滞在先の確保、食事の確保(買い物のための外出もできない)、新たな移動手段や航空便の確保 などが必要にもなります。ですから5月1日以降、日本からの旅行目的での渡航が事実上可能になったのかどうか?と考えると、少なからずの疑問が残ることは否めません。どちらにしても、さらに一歩前進ととらえたいと思います! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
以前に、ニュージーランドが国境再開までの5つのステップを発表したことをこの場でお知らせしましたが、それを踏まえて本日の政府発表をお伝えします。まず小さな内容としては、この5つのステップがそれぞれ前倒しされて施行される見通しであるということ。そして何と言っても大きい内容は、これまでそれぞれのステップにおいて必要としていた、「入国後の自主隔離期間(7日間)」を【排除する】、というものです。つまり、入国後はすぐにどこにでも移動できる=旅行が可能?、ということになります。ただし以下の条件は残ります!3つめが問題😅・渡航前の検査(72時間以内)で陰性であること。・ワクチン接種を完了していること(2回、ないしは3回)。 ⇒接種証明が必要。ワクチン未接種の場合には、入国時から強制隔離。・迅速抗原検査(RAT)を、入国時、および入国から5日目に行うこと。陽性反応が出た場合には、その時点から隔離(恐らく、7~10日間)が必要。ということは、渡航後の検査において陽性となった場合には、予定されている旅行の日程に関わらず少なくとも1週間程度の隔離が必要になる、ということです。旅行はもちろんそこでストップ。場合によっては帰国スケジュールの変更や、追加の宿泊や移動の手配とそのための費用も発生する、ということになります。当然医療費も。果たして海外旅行傷害保険はそれらに適用されるのか?という疑問も当然ながら生まれます。他にも問題はたくさん。ということでそれなりのリスクはあるので、現実的には旅行のための渡航を行うには、けっこうな勇気が必要です。しかし、これは大きな前進。旅行再開がグッと近づいてきたように感じます! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
先日のミルフォード・サウンドで撮影したイルカの写真を追加です😊なかなかあれほど沢山、あれほど近距離で出会えるわけではないので。ちなみに種類は、バンドウイルカです。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む