あの街に行こう!テカポ

テカポの夕暮れ

不思議な色の湖と星空のリゾート

絵に描いたような美しさの、穏やかな村

11月のテカポ

美しい湖畔の風景と、「世界一美しい星空が見える村」と多くのメディアで紹介されるほどの夜空の美しさで知られる、小さく、穏やかな最近人気急上昇中のリゾートが「テカポ」(Tekapo)です。その風景は、まるでおとぎ話の世界から飛び出してきたかのよう。どの季節に訪れても、心休まる滞在になること間違いありません。

善き羊飼いの教会

半透明の神秘的な青色の湖水が刻々と色を変化させる不思議な湖。長年学術分野での天体観測の世界では南半球の中心的な役割を担い、近年は世界遺産にまで登録しようとユネスコへの働きかけが続けられている、息を飲むほどの星空。そんな風景を湖畔のベンチに腰掛けて眺めているだけで心が満たされていく。そんな体験ができる場所です。

小さな村なので、たくさんのお店があるわけではなく、色々なアクティビティが揃っているというわけでもありません。ここではゆっくりと時間を使って、その雰囲気に浸って下さい。宿泊先もリゾートタイプのホテルから、モーテルやB&Bまで色々と揃っていますが、小規模の眺めの良い場所がおすすめです。晴天率がとても高い点も、大切なポイントです。

スター・ウオッチング(星空ツアー)

星空ツアー

テカポ滞在中の目玉と言ってよいのが、Dark Sky Project社が行なう星空ツアー。

テカポは古くから学術的分野の天体観測では世界的に評価の高い所で、今でもテカポ湖畔の「マウント・ジョン」という小高い山の頂上では、研究が続けられています。

Dark Sky Project社の星空ツアーは、まさにその学術研究が行なわれているマウント・ジョンの山頂で、携帯やデジカメの液晶画面の明かりすら許されない環境の中、研究用のドーム型大型望遠鏡まで用いて行なわれます。条件の良い日の星空は、ほとんどの旅行者の想像をはるかに超える美しさ。南十字星はもちろん、肉眼ではっきりと視認できる天の川やマゼラン星雲などに圧倒される夜のひととき。絶対のお勧めです。
(天候が観測に適さない場合には、天文台体験+ビデオショーに内容が振り替えられます。)

テカポの星空

テカポ湖周辺の見所&アトラクション

不思議な青色のテカポ湖

のんびり、ゆっくりきれいな景色を眺めるだけでも十分のテカポ湖ですが、アクティビティやその他の見所も揃っています。

  • 遊覧飛行
  • 乗馬
  • 星空撮影ツアー
  • ハイキング/トレッキング
  • 天文台ツアー
  • ホットプール(スパ)
  • 湖上クルーズ
  • 釣り

など

テカポ湖滞在が含まれるモデルプランはこちら

最新ニュース

リマーカブルズ中腹から見下ろした、クイーンズタウンの風景。
写真の右側に見えるのが、クイーンズタウン空港。
正面やや左のこんもりした小山が、Deer Park Heights で、それを取り囲むワカティプ湖。
そのDeer Park Heightsの右肩あたりの対岸に、クイーンズタウンの街の中心部です。
なんだか、ヘリコプターにでも乗っているかのような風景😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

クイーンズタウンのスキーシーズン最終日は雨☂️でした。
今シーズンは、最後まで比較的良いコンディションを維持していたようです。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

歴史的建造物があちらこちらに建つダニーデン。市内を散歩するだけで、雰囲気の良い建物が次々に目に入ります。
写真は市内中心部にある消防署。レンガ造りの大きな建物で、築90年の今でもしっかり現役です。

その一方、消えていく建物も。
この消防署のすぐ近くにあって、ダニーデンの観光アトラクションの一つでもあったチョコレートの「Cadbury」(キャドバリー)の工場は、最近取り壊されました😢
跡地には、病院が建設される予定です。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

南島第2の都市「ダニーデン」周辺には、少し足を延ばすと自然がいっぱい。きれいなビーチもたくさんあります。写真はその一つで、このビーチでは端まで歩いて行くと、大きな洞窟があります。時にはその洞窟の中でペンギンに遭遇することも!

さてニュージーランドのコロナですが、デルタ株の封じ込めに四苦八苦しています。なかなか感染者がゼロになりませんね。
と同時に、今後に向けた色々な指針が示されています。旅行で訪れる上で重要な点は、以下の通り。
・ワクチン接種完了者(18歳以上。医学的にワクチン接種ができない場合は免除)でなければ、入国できない。
(ちなみに、ニュージーランド航空も、ワクチン接種完了を国際線搭乗の条件に設定しました。)
・出発72時間前以内のPCR検査における、陰性証明が必要。
・入国後の隔離措置は現時点で継続。

どうやらニュージーランドに限らず、ワクチン接種が完了しなければ海外には行けない、という時代がやって来たようです。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

真っ青な空😊。クイーンズタウン近くの「The Remarkables」(ザ・リマーカブルズ)スキー場です。
ニュージーランドのスキーシーズンも、もうすぐ終わりです。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

春満開😊
良い季節になってきました。
今週末から、いよいよサマータイム(デイライト・セービング)が始まります!

ニュージーランドのコロナは、1日の新規感染者数が20人前後でいったりきたり。しつこいデルタ株に手を焼いている、といったところです。もうひと頑張り👊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

久しぶりのアオラキ/マウントクック😊
オセアニアの最高峰は、いつもと変わらぬ美しさでした。

ニュージーランドのコロナは、強力なデルタ株を相手に、ゆっくりですが着実に封じ込めに近づいてきました。
明日、オークランド地区がレベル4を脱出できるかどうかの決断が下されます!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

コロナ情報:
オークランド地区のレベル4ロックダウン、その他地域のレベル2は、あと1週間継続です。来週火曜日に再検討の予定。
最近の新規感染者数は、多少のリバウンドがあって、1日あたり20~30人。そろそろひとケタまで落ちてくれることを願います。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

コロナ情報:
オークランド以外の地域は明日からレベル2(ロックダウン解除)に移行。オークランドはもう少しレベル4継続です。
ここ数日間の新規感染者数は、毎日20名で推移。まだまだトンネルを脱したわけではありませんが、あと一息です。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

9月に入り、ニュージーランドは一気に春めいてきました😊

さてコロナ情報です。
20日ほど前に久しぶりに新規の感染者1名が発見されて始まった今回の感染拡大&ロックダウンは、昨日までに延べの感染者数が731名にまで増加しました。しかし先週半ばに80名を超えていた24時間の新規感染者数が、昨日は28名。強力なデルタ株ですが、確実に封じ込めに向かっているようです。
現在オークランドはレベル4。その他地域はレベル3。来週火曜日に、警戒レベルの見直しが行われます。順調に進めば、来週にはロックダウンが解除されそうです!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む