マウントクック1日チャーター観光

アオラキ・マウントクック

ニュージーランドのみならず、オセアニアでも最高峰の「アオラキ・マウントクック」を訪れる人気の1日観光です。道中も、クロムウェルの果樹園、神秘的な水をたたえるプカキ湖や、リンディス峠の風景など見所十分。お天気が良ければ臨時の写真ストップがさらに増加。大型バスの観光よりもマウントクック滞在時間がずっと長いので、マウントクック上空の遊覧飛行(氷河着陸あり)や、軽いハイキングなどもしっかりお楽しみ頂けます。
もっとじっくり楽しみたい方はマウントクックで宿泊したり、今人気のテカポ湖での宿泊&星空観賞と組み合わせると、さらに楽しさ倍増!

ベテランガイド(ドライバー・ガイド)が日本語でご案内します。

日程

時間 内容
08:00 クイーンズタウンのご宿泊先にお迎え
09:00 クロムウェルの果樹園にて、朝の休憩
12:00頃 道中で数か所の写真ストップをお楽しみ頂いた後、マウントクック到着。到着後は自由行動 遊覧飛行やハイキングなどをお楽しみ下さい。
写真ストップ
15:00 マウントクックを出発
18:30頃 クイーンズタウンのご宿泊先に帰着 お疲れ様でした!

ご用意頂くもの

  • カメラ
  • 天候や気温の変化に対応できるような服装
  • 雨具

※ハイキングを行う方は、シューズやバックパックもご用意下さい。

料金の目安

2名様ご参加の場合⇒お一人様につき、$315
4名様ご参加の場合⇒お一人様につき、$180
6名様ご参加の場合⇒お一人様につき、$130
※ご参加人数や日程により、料金は変動します。

お問い合わせのページへ

最新ニュース

イースターの連休で、久しぶりに少し賑わったクイーンズタウン。活気に誘われて?というわけでもないのですが、久しぶりにスカイライン・ゴンドラからの風景を眺めてきました😊
今回は歩いて往復。どのコースからも片道1時間半前後の軽いハイキング、といったところです。

さて昨日の政府発表で、今月19日からオーストラリアとの往来には2週間の検疫期間が双方向で不要になることが決定。大きな一歩を踏み出しました!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

サマータイム(デイライト・セービング)も終わり、日本との時差は3時間に。そして季節はすっかり秋に変わったようです。

明日は政府が、オーストラリアとのトラベル・バブル(人の往来の自由化)を行うかどうかについての発表をする予定の日。実現すると、大きな一歩前進になります!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

1年前の今日、ニュージーランド全土に及ぶ4週間のロックダウン(レベル4)が始まりました。あれから1年。今でも国境は開きませんが、国内的には市中感染もなく、平静が保たれています。
それにしても、1年って早いなあ…😅
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

オーロラ!
一昨日、条件がようやく揃って、久しぶりにオーロラの撮影に成功しました😊
旅行中に出会うには、相当の運が必要です!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

アメリカズ・カップは、ニュージーランドが連覇🏆🎉㊗️‼️

ヨットの世界最高峰のレース、第36回アメリカズ・カップは、チーム・ニュージーランドが挑戦艇である、イタリアの「ルナ・ロッサ」を7-3で下して連覇を達成!!スポーツ界最古のトロフィーを再度手にしました!!!!
おめでとう!チーム・ニュージーランド!!!!!!!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

3月に入り、周辺の木々の葉が少しずつ色づいてきました。
いよいよ秋です😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

コロナウィルス情報:
今日からオークランドもレベル1に移行。
今回も感染が拡がらなくて、一安心😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

世界最速、最古、最大のヨットレース「アメリカズ・カップ」がオークランドで始まりました!
連覇なるか!?ニュージーランド!!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

コロナウィルス情報:
明日(日曜日)午前6時より、オークランド地区がレベル2へ。その他地域がレベル1へ戻ります。
今のところ感染拡大が確認されなくて、まずは一安心。
アメリカズ・カップも、今週からいよいよ始まります!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

クイーンズタウンの湖「ワカティプ湖」の北端に位置する『グレノーキー』は、写真映えのする小さな村。
周辺の豪快な景色も、それにマッチした古い建造物も、なかなかにカメラマン魂を呼び起こさせるのです😆
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む