あの街に行こう!ダニーデン

イエローアイド・ペンギン

重厚な街並みと野生動物の宝庫

野生動物から歴史的建造物まで、見所満載の街

ニュージーランド南島第2の都市の「ダニーデン」は、魅力が一杯。スコットランド移民達が中心になって作り上げた街並みは、重厚な石造りの歴史的建造部があちこちに見られる、南太平洋のエジンバラとも呼ばれる趣深い佇まいです。また周辺は世界的にも貴重な野生動物の宝庫で、市の中心部から少し車を走らせれば、それらの動物たちに出会うことは全く難しいことではないのです。そんな自然と文化が融合した街には、他にも興味をそそられるアトラクションがたくさんです。
ダニーデン駅

知る人ぞ知るペンギン王国のニュージーランドでは数多くのペンギンが国内のあちこちで見られますが、このダニーデンもその一つ。郊外のオタゴ半島まで足を伸ばせば、世界中でも最も数が少ないペンギンの一つで、生態もユニークな「イエロー・アイド・ペンギン」に、いつでも出会うことができます。
また、これまた絶滅危惧種の世界最大級の翼鳥「ロイヤル・アルバトロス」に遭遇することも!他にも貴重な動物たちがたくさん生息しているのです。

かと思えば、街の中心「オクタゴン」の周辺には、石造りの立派な教会やその他の建物がそこかしこに立ち並び、歴史を感じさせるとともに、ニュージーランドの都市らしい質の高いカフェやレストランも数多く洗練された都会の雰囲気も醸し出します。建物を巡り歩いた後は、お洒落なカフェで一息。なんていうのも、楽しいかもしれません。
タイエリ峡谷鉄道

有名な観光列車「タイエリ峡谷鉄道」に乗って町を飛び出せば、独特で豪快な自然景観にも触れることができ、その他の見所と合わせれば、この町の魅力は尽きることがありません。

実はなぜか日本人旅行者がたくさん訪れる街ではないのですが、ここはお勧めの旅行の目的地の一つ。穴場と言っても良いかもしれませんね。
街とその周辺の広範囲に見所が点在しているので、ここは機動力を生かせる貸切専用車の出番です。

オタゴ半島は、動物好き必見!

ロイヤルアルバトロス

ダニーデン市内から車で45分のオタゴ半島には、貴重な野生動物が数多く生息しています。いつでも見られる希少なペンギンや、ロイヤル・アルバトロスを代表する貴重な海鳥類。オットセイやトドなどの海洋哺乳類に接近遭遇なんてことも!予期せぬ出会いもあったりして、動物好きにはたまらないエリアです。

  • ペンギン・プレイス
    イエロー・アイド・ペンギンの特別保護区で、時には間近でペンギンを見られることも!
  • アルバトロス・センター
    翼を広げると3m以上は世界最大級!ロイヤル・アルバトロスの離島以外で唯一のコロニーです。※時期により見られないことがあります。
  • ワイルドライフ・クルーズ
    アルバトロスやオットセイ。時にはトドやイルカも!他にも色々な動物に出会える、楽しいクルーズです。

ワイルドライフ・クルーズ

他にも出会う可能性がある野生動物たちはと言えば、ざっと次のようなところ。

  • ブルー・ペンギン(世界最小のペンギン)
  • オットセイ、トド、ゾウアザラシなどの海獣類
  • アホウドリ類の鳥たち数種
  • ウミウ類の鳥たち数種
  • イルカ数種
  • クジラ(ごく稀)

大きな街の近くなのに短時間でこんなにたくさんの貴重な野生動物が見られる所、なかなか世界では珍しいのです。

その他の見所&アトラクション

  • 世界一急な坂「ボールドウィン・ストリート」
    住宅が立ち並ぶ通りとしては、世界一急な坂道。一見の価値あり。

ボールドウィン・ストリート

  • 石造りの歴史的建造物群
    ファースト教会、セントポール大聖堂、ダニーデン駅 など
  • シグナル・ヒル
    ダニーデンの街とオタゴ湾を一望する展望ポイント。
  • ダニーデン植物園
    ニュージーランドの固有の植物から、日本庭園まで!園内のガーデンカフェも人気です。
  • スパイツ・ビール工場
    「Pride of the south」街の誇りです。併設のレストラン、工場見学ツアーもお勧め。
  • オタゴ博物館
  • ラーナック城

他にも興味深い見所がたくさんで、バラエティ豊かに旅行を楽しみたい方々にはお勧め。お子様連も十分に楽しむことができる街です。

ダニーデンを訪れるモデルプランはこちら

最新ニュース

ニュージーランド国内に「ツチボタル洞窟」と紹介される洞窟は数多くありますが、北島のワイトモ近郊にある「Spellbound Cave」は秀逸です。ツチボタルの輝きを撮影することは許可されませんが、その美しさはニュージーランド国内でもトップクラス。そしてツアーに含まれるもう一つの鍾乳洞「Spirit Cave」では、迫力ある鍾乳石から、絶滅した巨鳥「モア」の骨までが観察できるのです。
とても充実して、コスパも抜群のツアー。お勧めです!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドのコロナの現状。

まず、市中感染はゼロが続いています。新たに報告される感染例は、全て新規入国者で、検疫隔離施設内でのもの。よって国内での行動には大きな制限はありません。
旅行目的での渡航は基本的に不可。事情がある場合は、事前の申請~許可に加え、入国後2週間の検疫隔離施設の確保(予約)が必要で、日本からの渡航者に対しては間もなく飛行機搭乗前のPCR検査で陰性であることが義務化されます。
同時に、コロナの感染例がないクック諸島との無検疫での往来が始まるなど、一部の国に対する入国制限が解かれる動きも。
今のところの見込みでは、ワクチン接種が早ければ3月から始まり、それが全国民に拡大されるにはあと半年以上は必要とのこと。ニュージーランドへの外国人の渡航が解禁されるのはその後のことになりそうです。まだしばらくの辛抱です。

ちなみに現在ニュージーランドの国内線に搭乗する際には、写真のようなマスクと消毒用品のセットを希望者に無料で配布しています。(写真はジェットスターのもの)オークランド周辺地域と、オークランド発着の公共交通機関内では、マスクの着用が義務付けられています。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

昨日までニュージーランドは全土で晴天続き。夏らしい、25℃を超える気温の日々でした。
・・・そして今日からの数日間は大荒れの予報。南島南部では真冬並みの気温になるのだそうです😱
この気候変化の激しさは、ニュージーランドの一つの特徴。いつの季節でも防寒着の用意は必要です!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

久しぶりのアオラキ/マウントクック。
いつ見てもカッコいい山です😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む
Facebookでこの記事を読む

夕暮れ時の海岸で、ペンギンに出会いました!
写真が今一つ不鮮明ですが😅
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランド南島のクリスマスの花「ラタ」が、今年もクリスマスにピッタリのタイミングで咲き始めました! ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

いよいよ子供たちの夏休みも始まったニュージーランド。コロナウィルス関連で動きが出ています。

まず、市中感染はここしばらくゼロ。
国内的には、大きなイベントやスポーツの試合も、観客を一杯に入れて行われています。日常生活はほぼ普通です。

来年の早い段階から、オーストラリアやクック諸島からの渡航者の無検疫での受け入れを開始する、という話も出ています。
ただしオーストラリアで今週発生した新たなクラスターの影響が出るかも知れません。

そして、ワクチン接種を来年4月から始めることも本日発表になりました。全国民分のワクチンをすでに購入契約しているそうですが、隅々まで行き渡るのはさらに数か月を要する見込み。そこでようやく、もしかすると渡航制限が解除されることになるのかもしれません。

ということで、コロナ関連の情報でした!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

もう初夏の12月だというのに、昨日から今朝にかけては山の高いところに雪が降るくらいの天候に。クイーンズタウンからほど近い村には平地にまで雪が降りました。
この気候変化の激しさがニュージーランドの一つの特徴。旅行に来られる際は、いつでも防寒着をお忘れなく😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む