あの街に行こう!ダニーデン

イエローアイド・ペンギン

重厚な街並みと野生動物の宝庫

野生動物から歴史的建造物まで、見所満載の街

ニュージーランド南島第2の都市の「ダニーデン」は、魅力が一杯。スコットランド移民達が中心になって作り上げた街並みは、重厚な石造りの歴史的建造部があちこちに見られる、南太平洋のエジンバラとも呼ばれる趣深い佇まいです。また周辺は世界的にも貴重な野生動物の宝庫で、市の中心部から少し車を走らせれば、それらの動物たちに出会うことは全く難しいことではないのです。そんな自然と文化が融合した街には、他にも興味をそそられるアトラクションがたくさんです。
ダニーデン駅

知る人ぞ知るペンギン王国のニュージーランドでは数多くのペンギンが国内のあちこちで見られますが、このダニーデンもその一つ。郊外のオタゴ半島まで足を伸ばせば、世界中でも最も数が少ないペンギンの一つで、生態もユニークな「イエロー・アイド・ペンギン」に、いつでも出会うことができます。
また、これまた絶滅危惧種の世界最大級の翼鳥「ロイヤル・アルバトロス」に遭遇することも!他にも貴重な動物たちがたくさん生息しているのです。

かと思えば、街の中心「オクタゴン」の周辺には、石造りの立派な教会やその他の建物がそこかしこに立ち並び、歴史を感じさせるとともに、ニュージーランドの都市らしい質の高いカフェやレストランも数多く洗練された都会の雰囲気も醸し出します。建物を巡り歩いた後は、お洒落なカフェで一息。なんていうのも、楽しいかもしれません。
タイエリ峡谷鉄道

有名な観光列車「タイエリ峡谷鉄道」に乗って町を飛び出せば、独特で豪快な自然景観にも触れることができ、その他の見所と合わせれば、この町の魅力は尽きることがありません。

実はなぜか日本人旅行者がたくさん訪れる街ではないのですが、ここはお勧めの旅行の目的地の一つ。穴場と言っても良いかもしれませんね。
街とその周辺の広範囲に見所が点在しているので、ここは機動力を生かせる貸切専用車の出番です。

オタゴ半島は、動物好き必見!

ロイヤルアルバトロス

ダニーデン市内から車で45分のオタゴ半島には、貴重な野生動物が数多く生息しています。いつでも見られる希少なペンギンや、ロイヤル・アルバトロスを代表する貴重な海鳥類。オットセイやトドなどの海洋哺乳類に接近遭遇なんてことも!予期せぬ出会いもあったりして、動物好きにはたまらないエリアです。

  • ペンギン・プレイス
    イエロー・アイド・ペンギンの特別保護区で、時には間近でペンギンを見られることも!
  • アルバトロス・センター
    翼を広げると3m以上は世界最大級!ロイヤル・アルバトロスの離島以外で唯一のコロニーです。※時期により見られないことがあります。
  • ワイルドライフ・クルーズ
    アルバトロスやオットセイ。時にはトドやイルカも!他にも色々な動物に出会える、楽しいクルーズです。

ワイルドライフ・クルーズ

他にも出会う可能性がある野生動物たちはと言えば、ざっと次のようなところ。

  • ブルー・ペンギン(世界最小のペンギン)
  • オットセイ、トド、ゾウアザラシなどの海獣類
  • アホウドリ類の鳥たち数種
  • ウミウ類の鳥たち数種
  • イルカ数種
  • クジラ(ごく稀)

大きな街の近くなのに短時間でこんなにたくさんの貴重な野生動物が見られる所、なかなか世界では珍しいのです。

その他の見所&アトラクション

  • 世界一急な坂「ボールドウィン・ストリート」
    住宅が立ち並ぶ通りとしては、世界一急な坂道。一見の価値あり。

ボールドウィン・ストリート

  • 石造りの歴史的建造物群
    ファースト教会、セントポール大聖堂、ダニーデン駅 など
  • シグナル・ヒル
    ダニーデンの街とオタゴ湾を一望する展望ポイント。
  • ダニーデン植物園
    ニュージーランドの固有の植物から、日本庭園まで!園内のガーデンカフェも人気です。
  • スパイツ・ビール工場
    「Pride of the south」街の誇りです。併設のレストラン、工場見学ツアーもお勧め。
  • オタゴ博物館
  • ラーナック城

他にも興味深い見所がたくさんで、バラエティ豊かに旅行を楽しみたい方々にはお勧め。お子様連も十分に楽しむことができる街です。

ダニーデンを訪れるモデルプランはこちら

最新ニュース

絶景と言える景色はどこにでもある!と言っても過言ではないニュージーランド。この写真の場所も、そんな一例かもしれません。クイーンズタウンの住宅街から始まる、知る人ぞ知るハイキング・コース。1時間かけて森林限界を抜けると、豪快な湖と山の風景が待っています!! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
寒波到来🥶初夏ですが、山の高い所には雪が降りました。南緯45度前後の南島南部では、たとえ夏でもこれくらいの寒さになることは珍しくないのです。ニュージーランド旅行では、夏でも防寒着の用意は必須! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
コロナ対策の一環として必要であった、ニュージーランド渡航前の渡航者申告(Traveller Declaration)が、廃止されました。これにより、手続きの面ではコロナ以前の状態に戻ったことになります。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
オーロラ出ました! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
毎年恒例?の春の寒波が、今年もやって来ました😅ニュージーランド南部各地の街にも少しだけ雪が降りました。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
今日からニュージーランドは、夏時間(デイライト・セービング)開始。日本との時差は4時間になります! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
本日の政府発表により、コロナウィルス感染防止に関わる全ての義務が、今日をもって撤廃されることになりました。ニュージーランドへの渡航者についても、ワクチン接種証明の提示や、入国後2度の検査が不要(奨励のみ)となります。ただし、陽性者については陽性判明時から7日間の隔離義務が依然として課されます。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
シーズンも終盤のスキー場ですが、まだまだ賑わっています!しかし!街には春の雰囲気が日に日に増してきています!! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
日本政府がやっと、「9月7日より帰国前のPCR検査による陰性証明を求めない」ことを決定しました。これにより、ニュージーランドへの旅行を行うにあたっての事実上の障壁は、「ニュージーランド入国後、到着日、および第5日目での検査により陽性が判明した場合には、7日間の隔離が必要」という、ニュージーランド政府が定めるルールのみになりました。大きな前進😊 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
※長文投稿になります。国境を超えた人の往来が世界的に徐々に正常化へ向けて動き始めている中、ニュージーランド航空が今後のフライトスケジュールを発表しました。まずは以下、ニュージーランド航空からの発表を原文のまま抜粋。-------本日、ニュージーランド航空は、ニュージーランドの夏シーズン(2022/10/30~2023/3/25)の運航スケジュールを発表しました。8月よりニュージーランドへの入国制限は完全に撤廃され、すべての国、地域からの入国が可能になりました。また6月からはすでに渡航前検査も不要となっています。久しぶりの海外旅行は、夏のニュージーランドへのご旅行をぜひご検討ください。*ニュージーランド入国に際し、新型コロナワクチン接種を完全に完了している必要があります。*日本入国に際しての陰性証明の提出は引き続き必要となります。オークランド-成田路線 運航スケジュール2022/10/30~2022/11/27    週3便(水、金、日)2022/11/28~2022/12/11    週4便(水、金、土、日)2022/12/12~2023/2/5    週6便(月、火、水、金、土、日)2023/2/6~2023/2/12    週6便(月、水、木、金、土、日)2023/2/13~2023/3/25    週7便(毎日)*関空便は引き続き運休となります。------上記の通り、8月に入ってから、ニュージーランド渡航に際する出発前検査および陰性証明は必要なくなりました。よって基本的にはワクチン接種完了者であれば誰でもニュージーランドへの渡航が出来るようになっています。旅行にあたって必要な手続きや義務(感染症予防の観点のみ)は、以下の通りです。(1)出発前に、オンラインによるTraveller Declaration(事前申告)の提出(ここで、ワクチンの接種証明をアップロードする必要があります)(2)入国後、入国時、および滞在5日目の自己検査(RAT=迅速抗原検査)と、その結果の報告義務と、ここまでは航空会社や旅行会社がウェブサイト等にはっきりと明記している部分。しかしさらに、実は旅行の可否を左右する大きな問題となる制限が2つあります。ゆめらんどNZ.comは旅行会社の責任として、ここを隠さずお伝えします。それが以下の2つ。(3)上記(2)の検査で陽性が判明した際には、その時点から7日間の隔離義務(旅行のスケジュールに関わらず)(4)日本帰国前のPCR検査(もしこれで陽性が判明した場合には、上記7日間の隔離+陰性反応が得られるまでのNZ国内での足止め)(ニュージーランド航空は、この点を明記していますね)(3)は、陽性が判明した時点でその後の旅行スケジュールは全て白紙になるということです。急いで7日間の隔離場所(宿泊先)を確保し、その後の移動手段(国際線旅客を含む)なども手配しなければいけません。もちろん隔離中は買い物にも出ることが出来ないので、食事等をどうするのか?という点も重要な検討事項です。ハイシーズンで7連泊できる場所、果たして簡単に見つかるのでしょうか?そして(4)は日本政府による制限。まず帰国前にPCR検査(医療機関で対応)で陰性であることが必要です。当然、検査のための日程確保が必要です。そしてそこで陽性反応が出た場合、まずはNZ政府が定める7日間の隔離が必要。そしてその後、陰性反応が得られるまでは帰国できない、ということになります。自覚症状が消えた後でも、かなりの確率で陽性反応は出続けますから、長期間の足止めを余儀なくされる、ということは十分に考えられます。いつ帰国できるのかわからない状態が続く、ということです。これまでのいくつかの事例の中には、この制限によって帰国予定日を2週間過ぎても帰国できない、ということもあったようです。早速日本からの旅行者、スキー客が見られるようになってきましたが、依然として渡航に際してはそれなりのリスクを抱える勇気というか、決断が必要とされている現状です。以上、情報まで。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む