あの街に行こう!テ・アナウ

テ・アナウ

世界自然遺産への玄関口&山歩きのメッカ

ニュージーランド最大の世界遺産へ!

「テ・アナウ」(Te Anau)は、ニュージーランドで2番目の大きさを誇るテ・アナウ湖の畔に佇む、人口3500人前後の小さく落ち着きのある町です。ニュージーランド観光の中心都市であるクイーンズタウンから陸路で約2時間。クイーンズタウンとミルフォード・サウンドとの中間地点に位置し、南島を訪れる旅行者の多くが、少なくとも立ち寄る町です。

この町の最大の魅力は、何といっても野性的な自然。ニュージーランド最大で、世界でも最大級の国立公園である「フィヨルドランド国立公園」に接し、国立公園事務所が設置されていることからも、ここが紛れもないニュージーランドが世界に誇る大自然への玄関口と言えるでしょう。国立公園内には、一度は絶滅したとされていた幻の飛べない鳥「タカヘ」をはじめ、他にも沢山の世界的に貴重な固有の動植物が、今もなお存在しているのです。そしてその国立公園は、さらに巨大な世界自然遺産地域「テ・ワヒ・ポウナム」(Te Wahi Pounamu)の中核でもあります。
ミルフォード・サウンド

このテ・アナウは、ずいぶん前からトレッキング(山歩き)に関しては世界的に有名な場所でした。「ルートバーン・トラック」「ケプラー・トラック」、そして「世界一美しい散歩道」とまで言われる「ミルフォード・トラック」までもが、この町を起点としてスタートするのです。他にも素晴らしいコースがたくさん。だから夏には、沢山の山歩き愛好家で賑わいます。

また、ニュージーランドで最も有名な景勝地である「ミルフォード・サウンド」や、「ダウトフル・サウンド」といったフィヨルド観光を行なう人々にとっても大切な中継地点。さらに、神秘的な「ツチボタル洞窟」へのツアーなどもあることから、ここに数泊滞在する一般の旅行者も、少なくありません。フィヨルド観光のついでに、ツチボタルまで見られちゃう。あるいはハイキングまでできちゃう、という、まさに「一粒で二度美味しい」ような町なのです。

ハイキング&トレッキング

テ・アナウ周辺には、長さも難易度も様々なハイキングやトレッキングのコースがたくさんあり、歩く方それぞれの体力や技術に合わせてコースを選ぶことができます。
コース上で見られる景色も様々で、原始の森、急峻な山岳、神秘的な湖、豪快な滝など、実にバラエティ豊か。世界的に有名なニュージーランドの山歩きの魅力が、ぎっしりと詰まっているのです。参加コースによっては日本人ガイド付きツアーもあるので、専門的な説明、特に安全に関わる面でのコミュニケーションもしっかり得られ、山歩きの経験があまりない方でも安心して楽しむことができます。

【泊を伴うコースの代表的なもの】
ルートバーン・トラック

  • ミルフォード・トラック
    「世界一美しい」と言われる、超有名コース。全行程3泊4日(ガイド付きは4泊5日)。完全予約制で、早期の予約が必要。
  • ルートバーン・トラック
    やはり超有名。全行程2泊3日。刻々と変化する森や山岳の景観がとにかく素晴らしいコース。こちらも完全予約制。
  • ケプラー・トラック 
    全行程3泊4日。山や湖の景観が見応えある山岳コース。
  • ホリフォード・トラック
    2泊3日。森と川の景観が美しいコース。最後は飛行機で脱出!

【半日から1日のコースの代表的なもの】
1日ハイキング

  • キーサミット
    ルートバーン・トラックの一部をなす、人気の1日コース。
  • ケプラー・ネイチャー・ウォーク
    ケプラー・トラックの一部。ワイアウ川沿いの森林の中を歩く。
  • レイク・マリアン
    神秘的な山上湖に辿り着く、勾配のきついコース。

フィヨルドランド国立公園で遊ぶ!

ダウトフルサウンド

ニュージーランド最大の国立公園であるフィヨルドランド国立公園内は、歩いて立ち入ることすら認められない場所が沢山で、道路もわずかに数本のみ。「守る」ために人間から隔離している、と言っても過言ではありません。
そんな国立公園内へ入っていく手段や専門のツアーは、限定されつつも内容は充実。自然派の旅行者にはたまらない魅力があるのです。

  • ミルフォード・サウンド1日観光
    定番の1日観光。道中の景観がとにかく素晴らしい。クルーズは数種類の内容がある。
  • ダウトフル・サウンド1日観光
    特定の現地ツアー会社のツアーでしか行くことができない秘境。スケールの大きい景観が魅力。
  • ミルフォード・サウンド・オーバーナイト・クルーズ
    ミルフォード・サウンドで船中泊する、1泊2日のクルーズ。ミルフォードをじっくりと楽しむことができる。お勧め。
  • ダウトフル・サウンド・オーバーナイト・クルーズ
    こちらも1泊2日。秘境ならではの静寂感とスケールの大きな風景に出会える。こちらもお勧め。
  • ツチボタル洞窟ツアー
    神秘的なツチボタル洞窟へのツアー。所要約2時間30分。
    ツチボタル洞窟ツアー
  • 遊覧飛行
  • シーカヤック
  • ワイルドライフ・パーク
    幻の鳥「タカヘ」に出会える野鳥公園。入場無料(募金)。
  • 国立公園本部
  • トラウト・オブザーバトリー

テ・アナウを訪れるモデルプランはこちら

最新ニュース

今日からニュージーランドは、夏時間(デイライト・セービング)開始。日本との時差は4時間になります! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
本日の政府発表により、コロナウィルス感染防止に関わる全ての義務が、今日をもって撤廃されることになりました。ニュージーランドへの渡航者についても、ワクチン接種証明の提示や、入国後2度の検査が不要(奨励のみ)となります。ただし、陽性者については陽性判明時から7日間の隔離義務が依然として課されます。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
シーズンも終盤のスキー場ですが、まだまだ賑わっています!しかし!街には春の雰囲気が日に日に増してきています!! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
日本政府がやっと、「9月7日より帰国前のPCR検査による陰性証明を求めない」ことを決定しました。これにより、ニュージーランドへの旅行を行うにあたっての事実上の障壁は、「ニュージーランド入国後、到着日、および第5日目での検査により陽性が判明した場合には、7日間の隔離が必要」という、ニュージーランド政府が定めるルールのみになりました。大きな前進😊 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
※長文投稿になります。国境を超えた人の往来が世界的に徐々に正常化へ向けて動き始めている中、ニュージーランド航空が今後のフライトスケジュールを発表しました。まずは以下、ニュージーランド航空からの発表を原文のまま抜粋。-------本日、ニュージーランド航空は、ニュージーランドの夏シーズン(2022/10/30~2023/3/25)の運航スケジュールを発表しました。8月よりニュージーランドへの入国制限は完全に撤廃され、すべての国、地域からの入国が可能になりました。また6月からはすでに渡航前検査も不要となっています。久しぶりの海外旅行は、夏のニュージーランドへのご旅行をぜひご検討ください。*ニュージーランド入国に際し、新型コロナワクチン接種を完全に完了している必要があります。*日本入国に際しての陰性証明の提出は引き続き必要となります。オークランド-成田路線 運航スケジュール2022/10/30~2022/11/27    週3便(水、金、日)2022/11/28~2022/12/11    週4便(水、金、土、日)2022/12/12~2023/2/5    週6便(月、火、水、金、土、日)2023/2/6~2023/2/12    週6便(月、水、木、金、土、日)2023/2/13~2023/3/25    週7便(毎日)*関空便は引き続き運休となります。------上記の通り、8月に入ってから、ニュージーランド渡航に際する出発前検査および陰性証明は必要なくなりました。よって基本的にはワクチン接種完了者であれば誰でもニュージーランドへの渡航が出来るようになっています。旅行にあたって必要な手続きや義務(感染症予防の観点のみ)は、以下の通りです。(1)出発前に、オンラインによるTraveller Declaration(事前申告)の提出(ここで、ワクチンの接種証明をアップロードする必要があります)(2)入国後、入国時、および滞在5日目の自己検査(RAT=迅速抗原検査)と、その結果の報告義務と、ここまでは航空会社や旅行会社がウェブサイト等にはっきりと明記している部分。しかしさらに、実は旅行の可否を左右する大きな問題となる制限が2つあります。ゆめらんどNZ.comは旅行会社の責任として、ここを隠さずお伝えします。それが以下の2つ。(3)上記(2)の検査で陽性が判明した際には、その時点から7日間の隔離義務(旅行のスケジュールに関わらず)(4)日本帰国前のPCR検査(もしこれで陽性が判明した場合には、上記7日間の隔離+陰性反応が得られるまでのNZ国内での足止め)(ニュージーランド航空は、この点を明記していますね)(3)は、陽性が判明した時点でその後の旅行スケジュールは全て白紙になるということです。急いで7日間の隔離場所(宿泊先)を確保し、その後の移動手段(国際線旅客を含む)なども手配しなければいけません。もちろん隔離中は買い物にも出ることが出来ないので、食事等をどうするのか?という点も重要な検討事項です。ハイシーズンで7連泊できる場所、果たして簡単に見つかるのでしょうか?そして(4)は日本政府による制限。まず帰国前にPCR検査(医療機関で対応)で陰性であることが必要です。当然、検査のための日程確保が必要です。そしてそこで陽性反応が出た場合、まずはNZ政府が定める7日間の隔離が必要。そしてその後、陰性反応が得られるまでは帰国できない、ということになります。自覚症状が消えた後でも、かなりの確率で陽性反応は出続けますから、長期間の足止めを余儀なくされる、ということは十分に考えられます。いつ帰国できるのかわからない状態が続く、ということです。これまでのいくつかの事例の中には、この制限によって帰国予定日を2週間過ぎても帰国できない、ということもあったようです。早速日本からの旅行者、スキー客が見られるようになってきましたが、依然として渡航に際してはそれなりのリスクを抱える勇気というか、決断が必要とされている現状です。以上、情報まで。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
悪天候の波状攻撃😅毎週のように、各地で洪水や降雪による道路障害、強風などが問題になった7月。雨量も記録的に多かったとのことでした。そしてその流れは月が変っても続くようです。今日は午後から雪マーク❄️ ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
スキーシーズン真っ盛りです! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
これはニュージーランド固有の鳥「タカヘ」。生息数は500羽にも満たない、絶滅危惧種の飛べない鳥です。野生の姿を見ることはほぼできませんが、鳥のサンクチュアリや保護施設など、ごく限られた場所で見ることができます。徹底した保護の甲斐があって、タカヘをはじめとした絶滅危惧種の生息数が少しずつ増えてきました。四方を海に囲まれ、近くに他の陸地がないニュージーランドには、独特な生き物がたくさんです! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
ニュージーランド南島第二の都市、ダニーデンにある、世界一急な坂「ボールドウィン・ストリート」(住宅が立ち並ぶ通りとして世界一急な坂)。この坂の傾斜の凄さをいったいどうやって写真に収めると上手に伝えることができるのか?と、いつも考えてしまいます。さて今日はダニーデンにて、ラグビーの国際試合「NZ代表オールブラックス vs. アイルランド代表」が行われます。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
霜に覆われたラグビーグランド。冬はラグビーの季節です。オールブラックスの国際試合から、地元の少年団まで、寒空の下でも週末はあちらこちらで歓声が響いています。そしてラグビー女子のワールドカップは、今年ニュージーランド開催😊 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む