あの街に行こう!テカポ

テカポの夕暮れ

不思議な色の湖と星空のリゾート

絵に描いたような美しさの、穏やかな村

11月のテカポ

美しい湖畔の風景と、「世界一美しい星空が見える村」と多くのメディアで紹介されるほどの夜空の美しさで知られる、小さく、穏やかな最近人気急上昇中のリゾートが「テカポ」(Tekapo)です。その風景は、まるでおとぎ話の世界から飛び出してきたかのよう。どの季節に訪れても、心休まる滞在になること間違いありません。

善き羊飼いの教会

半透明の神秘的な青色の湖水が刻々と色を変化させる不思議な湖。長年学術分野での天体観測の世界では南半球の中心的な役割を担い、近年は世界遺産にまで登録しようとユネスコへの働きかけが続けられている、息を飲むほどの星空。そんな風景を湖畔のベンチに腰掛けて眺めているだけで心が満たされていく。そんな体験ができる場所です。

小さな村なので、たくさんのお店があるわけではなく、色々なアクティビティが揃っているというわけでもありません。ここではゆっくりと時間を使って、その雰囲気に浸って下さい。宿泊先もリゾートタイプのホテルから、モーテルやB&Bまで色々と揃っていますが、小規模の眺めの良い場所がおすすめです。晴天率がとても高い点も、大切なポイントです。

スター・ウオッチング(星空ツアー)

星空ツアー

テカポ滞在中の目玉と言ってよいのが、Dark Sky Project社が行なう星空ツアー。

テカポは古くから学術的分野の天体観測では世界的に評価の高い所で、今でもテカポ湖畔の「マウント・ジョン」という小高い山の頂上では、研究が続けられています。

Dark Sky Project社の星空ツアーは、まさにその学術研究が行なわれているマウント・ジョンの山頂で、携帯やデジカメの液晶画面の明かりすら許されない環境の中、研究用のドーム型大型望遠鏡まで用いて行なわれます。条件の良い日の星空は、ほとんどの旅行者の想像をはるかに超える美しさ。南十字星はもちろん、肉眼ではっきりと視認できる天の川やマゼラン星雲などに圧倒される夜のひととき。絶対のお勧めです。
(天候が観測に適さない場合には、天文台体験+ビデオショーに内容が振り替えられます。)

テカポの星空

テカポ湖周辺の見所&アトラクション

不思議な青色のテカポ湖

のんびり、ゆっくりきれいな景色を眺めるだけでも十分のテカポ湖ですが、アクティビティやその他の見所も揃っています。

  • 遊覧飛行
  • 乗馬
  • 星空撮影ツアー
  • ハイキング/トレッキング
  • 天文台ツアー
  • ホットプール(スパ)
  • 湖上クルーズ
  • 釣り

など

テカポ湖滞在が含まれるモデルプランはこちら

最新ニュース

ニュージーランドは総選挙が終了。
人気者のアーダーン首相が率いる現政権(労働党)が、テロやコロナ対応を評価されて圧勝しました。
ちなみに投票率は82.5%!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

桜や残雪の残る山はもちろんですが、この空の青さもニュージーランドの風景の魅力です!
今日はすっきり晴れ渡りました😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドは春。子ひつじが満開です😊 ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

水曜日(7日)深夜より、オークランドのコロナウィルス警戒レベルがレベル1(最低レベル)に移行。これにより、ニュージーランド全土が再びレベル1(入国制限を除き、基本的に制限なし)になります!
ちなみに帰国者以外での新規感染者は、過去10日間出ていません😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

寒波が過ぎ去ったと思ったら、何と今日のクライストチャーチの最高気温は25℃! ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

毎年恒例(?)の春の寒波。今年は強力な奴がやって来ました!😱 ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドは今日からデイライト・セービング(サマータイム)開始。
日本との時差は+4時間になります!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

オークランドを除くニュージーランド全土が、本日(21日)23:59から、コロナウィルス警戒レベル1に引き下げ。オークランドはレベル2に引き下げ。
2週間の経過観察の後、その後の対応が再度発表されます。
今回も、ほぼウィルスの封じ込めに成功したようです😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドのコロナウィルスの現状。
8月中旬に102日ぶりに発生した帰国者以外での新規感染は、その後これまでで国内最大のクラスターに発展しました。(9月16日時点で、176人)これを抑え込みつつあるものの、長く尾を引いている状態。今でも日に数人の感染者が報告されています。このクラスター以外への感染の広がりは確認されていません。
来週月曜日(21日)の時点での状況を政府が判断して、状況次第でオークランドがレベル2に。その他の地域がレベル1に警戒レベルを引き下げる、という対応が発表されています。

世界的な感染が拡大しているので、まだまだ入国制限は解かれないですし、今後も感染者は出てくることが容易に予想されますが、着実に前進しています!

ちなみに、日本からはニュージーランド航空が週1便の運行を続けていますが、搭乗できるのは入国が許される人(国籍保持者&永住者、その他の特別許可がある人)のみです。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む