あの街に行こう!ウェストコースト

手つかずの、厳しく美しい自然が魅力の秘境

本物の自然に触れられる、ワイルドなエリア!

自然がいっぱいのニュージーランドの中でも、南島の西海岸地区「ウェストコースト」は、最も人口が少なく、最も野性味があふれる地域。全く人の手がつけられていない原始の姿をとどめた森、複雑な海岸線、発達した氷河など、厳しくも美しい自然の真の姿に触れることができる、自然派旅行者にはたまらない場所です。
夕暮れのマウントクック

フランツ・ジョセフ氷河フォックス氷河で行なうことができる氷河ハイキングは、世界中でもなかなかできない貴重な体験になるはず。さらにエリア全体を覆う深い森には、いまだにキウィ(ニュージーランドの国鳥)やその他の貴重な動物たちが生息し、それらの一部を目の当たりにすることすら可能かもしれません。また、移動するごとにめまぐるしく変化する森の植生も、非常に興味深い大切なポイント。
世界自然遺産登録地にふさわしい、荒々しいがゆえに美しい自然がここには存在しています。
マセソン湖

町や村の規模が小さく、宿泊先や移動手段が限定されがちなため、ガイドブックなどでは取り扱いが小さく情報が少なめで、日本人旅行者にはあまり知られていない地域です。でも自然志向の人々にとっては、ここはニュージーランド国内でも随一の魅力的な旅行先と言えるかも知れません。真冬(6~8月)は晴天率が高く、特におすすめの時期です。
『ゆめらんどNZ.com』がイチオシのこの地域への旅行は、貸切専用車が欠かせません。

フランツ・ジョセフ氷河&フォックス氷河

フランツ・ジョセフ氷河&フォックス氷河

ウェストコーストへの旅行で目玉となるのは、フランツ・ジョセフ氷河フォックス氷河の2大氷河を目の当たりにできる、氷河地区です。有名な氷河ハイキングでは、壮大な氷河を見るだけではなく、実際に触れて、あるいは内部に侵入して楽しむ貴重な体験ができます。そしてその周辺にもたくさんの見所が散在しています。

  • 氷河ハイキング
    両氷河で可能。半日程度のものから、1日まで。氷河を体感する最高の手段です。

氷河ハイキング

  • ヘリコプター遊覧飛行
    氷河上空から、マウントクックまでをも一望する豪快な遊覧飛行。
  • マセソン湖散策
    時には「ニュージーランドで最も美しい」とまで言われる湖。マウントクック&マウントタスマンが湖面に映り込みます!
  • キウィ・ツアー
    キウィとの遭遇率80%以上!夜のツアーです。
  • ワイルドライフ・センター
    キウィ保護の最前線!
  • ホワイト・ヘロン(サギの一種)・コロニー・ツアー
    ジェットボートでしか行けない、貴重な鳥の営巣地へ。

その他の見所&アトラクション

  • プナカイキ「パンケーキ・ロック」
    ホットケーキを幾重にも重ねたかのような、石灰岩層の奇岩は一見の価値あり。

パンケーキ・ロック

  • シャンティ・タウン
    ゴールドラッシュの歴史を語り継ぐ村。
  • 聖なる石「グリーンストーン」
    人を守る聖なる力を持つ、マオリ族の宝石。
  • トランツ・アルパイン
    クライストチャーチ~グレイマウス間を走る、世界的に有名な高原列車の旅。
  • 数々のウォーキング・コース
  •   トゥルーマン・トラック
  •   モンロービーチ・トラック(時期にはペンギンが!)
  •   シップクリーク・ウォークウェイ など
  • ツリー・トップ・ウォーク
    温帯雨林の独特な植生を樹上の世界から体感。

ツリー・トップ・ウォーク

他にも道中の見所がたくさんです!

宿泊も、高級ロッジからシンプルなものまで色々と選択可能です。
他の旅行者とは一味違う旅行をお楽しみ下さい!

ウェストコーストを訪れるモデルプランはこちら

最新ニュース

ニュージーランド国内に「ツチボタル洞窟」と紹介される洞窟は数多くありますが、北島のワイトモ近郊にある「Spellbound Cave」は秀逸です。ツチボタルの輝きを撮影することは許可されませんが、その美しさはニュージーランド国内でもトップクラス。そしてツアーに含まれるもう一つの鍾乳洞「Spirit Cave」では、迫力ある鍾乳石から、絶滅した巨鳥「モア」の骨までが観察できるのです。
とても充実して、コスパも抜群のツアー。お勧めです!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドのコロナの現状。

まず、市中感染はゼロが続いています。新たに報告される感染例は、全て新規入国者で、検疫隔離施設内でのもの。よって国内での行動には大きな制限はありません。
旅行目的での渡航は基本的に不可。事情がある場合は、事前の申請~許可に加え、入国後2週間の検疫隔離施設の確保(予約)が必要で、日本からの渡航者に対しては間もなく飛行機搭乗前のPCR検査で陰性であることが義務化されます。
同時に、コロナの感染例がないクック諸島との無検疫での往来が始まるなど、一部の国に対する入国制限が解かれる動きも。
今のところの見込みでは、ワクチン接種が早ければ3月から始まり、それが全国民に拡大されるにはあと半年以上は必要とのこと。ニュージーランドへの外国人の渡航が解禁されるのはその後のことになりそうです。まだしばらくの辛抱です。

ちなみに現在ニュージーランドの国内線に搭乗する際には、写真のようなマスクと消毒用品のセットを希望者に無料で配布しています。(写真はジェットスターのもの)オークランド周辺地域と、オークランド発着の公共交通機関内では、マスクの着用が義務付けられています。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

昨日までニュージーランドは全土で晴天続き。夏らしい、25℃を超える気温の日々でした。
・・・そして今日からの数日間は大荒れの予報。南島南部では真冬並みの気温になるのだそうです😱
この気候変化の激しさは、ニュージーランドの一つの特徴。いつの季節でも防寒着の用意は必要です!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

久しぶりのアオラキ/マウントクック。
いつ見てもカッコいい山です😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む
Facebookでこの記事を読む

夕暮れ時の海岸で、ペンギンに出会いました!
写真が今一つ不鮮明ですが😅
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランド南島のクリスマスの花「ラタ」が、今年もクリスマスにピッタリのタイミングで咲き始めました! ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

いよいよ子供たちの夏休みも始まったニュージーランド。コロナウィルス関連で動きが出ています。

まず、市中感染はここしばらくゼロ。
国内的には、大きなイベントやスポーツの試合も、観客を一杯に入れて行われています。日常生活はほぼ普通です。

来年の早い段階から、オーストラリアやクック諸島からの渡航者の無検疫での受け入れを開始する、という話も出ています。
ただしオーストラリアで今週発生した新たなクラスターの影響が出るかも知れません。

そして、ワクチン接種を来年4月から始めることも本日発表になりました。全国民分のワクチンをすでに購入契約しているそうですが、隅々まで行き渡るのはさらに数か月を要する見込み。そこでようやく、もしかすると渡航制限が解除されることになるのかもしれません。

ということで、コロナ関連の情報でした!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

もう初夏の12月だというのに、昨日から今朝にかけては山の高いところに雪が降るくらいの天候に。クイーンズタウンからほど近い村には平地にまで雪が降りました。
この気候変化の激しさがニュージーランドの一つの特徴。旅行に来られる際は、いつでも防寒着をお忘れなく😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む