あの街に行こう!ウェストコースト

手つかずの、厳しく美しい自然が魅力の秘境

本物の自然に触れられる、ワイルドなエリア!

自然がいっぱいのニュージーランドの中でも、南島の西海岸地区「ウェストコースト」は、最も人口が少なく、最も野性味があふれる地域。全く人の手がつけられていない原始の姿をとどめた森、複雑な海岸線、発達した氷河など、厳しくも美しい自然の真の姿に触れることができる、自然派旅行者にはたまらない場所です。
夕暮れのマウントクック

フランツ・ジョセフ氷河フォックス氷河で行なうことができる氷河ハイキングは、世界中でもなかなかできない貴重な体験になるはず。さらにエリア全体を覆う深い森には、いまだにキウィ(ニュージーランドの国鳥)やその他の貴重な動物たちが生息し、それらの一部を目の当たりにすることすら可能かもしれません。また、移動するごとにめまぐるしく変化する森の植生も、非常に興味深い大切なポイント。
世界自然遺産登録地にふさわしい、荒々しいがゆえに美しい自然がここには存在しています。
マセソン湖

町や村の規模が小さく、宿泊先や移動手段が限定されがちなため、ガイドブックなどでは取り扱いが小さく情報が少なめで、日本人旅行者にはあまり知られていない地域です。でも自然志向の人々にとっては、ここはニュージーランド国内でも随一の魅力的な旅行先と言えるかも知れません。真冬(6~8月)は晴天率が高く、特におすすめの時期です。
『ゆめらんどNZ.com』がイチオシのこの地域への旅行は、貸切専用車が欠かせません。

フランツ・ジョセフ氷河&フォックス氷河

フランツ・ジョセフ氷河&フォックス氷河

ウェストコーストへの旅行で目玉となるのは、フランツ・ジョセフ氷河フォックス氷河の2大氷河を目の当たりにできる、氷河地区です。有名な氷河ハイキングでは、壮大な氷河を見るだけではなく、実際に触れて、あるいは内部に侵入して楽しむ貴重な体験ができます。そしてその周辺にもたくさんの見所が散在しています。

  • 氷河ハイキング
    両氷河で可能。半日程度のものから、1日まで。氷河を体感する最高の手段です。

氷河ハイキング

  • ヘリコプター遊覧飛行
    氷河上空から、マウントクックまでをも一望する豪快な遊覧飛行。
  • マセソン湖散策
    時には「ニュージーランドで最も美しい」とまで言われる湖。マウントクック&マウントタスマンが湖面に映り込みます!
  • キウィ・ツアー
    キウィとの遭遇率80%以上!夜のツアーです。
  • ワイルドライフ・センター
    キウィ保護の最前線!
  • ホワイト・ヘロン(サギの一種)・コロニー・ツアー
    ジェットボートでしか行けない、貴重な鳥の営巣地へ。

その他の見所&アトラクション

  • プナカイキ「パンケーキ・ロック」
    ホットケーキを幾重にも重ねたかのような、石灰岩層の奇岩は一見の価値あり。

パンケーキ・ロック

  • シャンティ・タウン
    ゴールドラッシュの歴史を語り継ぐ村。
  • 聖なる石「グリーンストーン」
    人を守る聖なる力を持つ、マオリ族の宝石。
  • トランツ・アルパイン
    クライストチャーチ~グレイマウス間を走る、世界的に有名な高原列車の旅。
  • 数々のウォーキング・コース
  •   トゥルーマン・トラック
  •   モンロービーチ・トラック(時期にはペンギンが!)
  •   シップクリーク・ウォークウェイ など
  • ツリー・トップ・ウォーク
    温帯雨林の独特な植生を樹上の世界から体感。

ツリー・トップ・ウォーク

他にも道中の見所がたくさんです!

宿泊も、高級ロッジからシンプルなものまで色々と選択可能です。
他の旅行者とは一味違う旅行をお楽しみ下さい!

ウェストコーストを訪れるモデルプランはこちら

最新ニュース

今日からニュージーランドは、夏時間(デイライト・セービング)開始。日本との時差は4時間になります! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
本日の政府発表により、コロナウィルス感染防止に関わる全ての義務が、今日をもって撤廃されることになりました。ニュージーランドへの渡航者についても、ワクチン接種証明の提示や、入国後2度の検査が不要(奨励のみ)となります。ただし、陽性者については陽性判明時から7日間の隔離義務が依然として課されます。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
シーズンも終盤のスキー場ですが、まだまだ賑わっています!しかし!街には春の雰囲気が日に日に増してきています!! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
日本政府がやっと、「9月7日より帰国前のPCR検査による陰性証明を求めない」ことを決定しました。これにより、ニュージーランドへの旅行を行うにあたっての事実上の障壁は、「ニュージーランド入国後、到着日、および第5日目での検査により陽性が判明した場合には、7日間の隔離が必要」という、ニュージーランド政府が定めるルールのみになりました。大きな前進😊 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
※長文投稿になります。国境を超えた人の往来が世界的に徐々に正常化へ向けて動き始めている中、ニュージーランド航空が今後のフライトスケジュールを発表しました。まずは以下、ニュージーランド航空からの発表を原文のまま抜粋。-------本日、ニュージーランド航空は、ニュージーランドの夏シーズン(2022/10/30~2023/3/25)の運航スケジュールを発表しました。8月よりニュージーランドへの入国制限は完全に撤廃され、すべての国、地域からの入国が可能になりました。また6月からはすでに渡航前検査も不要となっています。久しぶりの海外旅行は、夏のニュージーランドへのご旅行をぜひご検討ください。*ニュージーランド入国に際し、新型コロナワクチン接種を完全に完了している必要があります。*日本入国に際しての陰性証明の提出は引き続き必要となります。オークランド-成田路線 運航スケジュール2022/10/30~2022/11/27    週3便(水、金、日)2022/11/28~2022/12/11    週4便(水、金、土、日)2022/12/12~2023/2/5    週6便(月、火、水、金、土、日)2023/2/6~2023/2/12    週6便(月、水、木、金、土、日)2023/2/13~2023/3/25    週7便(毎日)*関空便は引き続き運休となります。------上記の通り、8月に入ってから、ニュージーランド渡航に際する出発前検査および陰性証明は必要なくなりました。よって基本的にはワクチン接種完了者であれば誰でもニュージーランドへの渡航が出来るようになっています。旅行にあたって必要な手続きや義務(感染症予防の観点のみ)は、以下の通りです。(1)出発前に、オンラインによるTraveller Declaration(事前申告)の提出(ここで、ワクチンの接種証明をアップロードする必要があります)(2)入国後、入国時、および滞在5日目の自己検査(RAT=迅速抗原検査)と、その結果の報告義務と、ここまでは航空会社や旅行会社がウェブサイト等にはっきりと明記している部分。しかしさらに、実は旅行の可否を左右する大きな問題となる制限が2つあります。ゆめらんどNZ.comは旅行会社の責任として、ここを隠さずお伝えします。それが以下の2つ。(3)上記(2)の検査で陽性が判明した際には、その時点から7日間の隔離義務(旅行のスケジュールに関わらず)(4)日本帰国前のPCR検査(もしこれで陽性が判明した場合には、上記7日間の隔離+陰性反応が得られるまでのNZ国内での足止め)(ニュージーランド航空は、この点を明記していますね)(3)は、陽性が判明した時点でその後の旅行スケジュールは全て白紙になるということです。急いで7日間の隔離場所(宿泊先)を確保し、その後の移動手段(国際線旅客を含む)なども手配しなければいけません。もちろん隔離中は買い物にも出ることが出来ないので、食事等をどうするのか?という点も重要な検討事項です。ハイシーズンで7連泊できる場所、果たして簡単に見つかるのでしょうか?そして(4)は日本政府による制限。まず帰国前にPCR検査(医療機関で対応)で陰性であることが必要です。当然、検査のための日程確保が必要です。そしてそこで陽性反応が出た場合、まずはNZ政府が定める7日間の隔離が必要。そしてその後、陰性反応が得られるまでは帰国できない、ということになります。自覚症状が消えた後でも、かなりの確率で陽性反応は出続けますから、長期間の足止めを余儀なくされる、ということは十分に考えられます。いつ帰国できるのかわからない状態が続く、ということです。これまでのいくつかの事例の中には、この制限によって帰国予定日を2週間過ぎても帰国できない、ということもあったようです。早速日本からの旅行者、スキー客が見られるようになってきましたが、依然として渡航に際してはそれなりのリスクを抱える勇気というか、決断が必要とされている現状です。以上、情報まで。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
悪天候の波状攻撃😅毎週のように、各地で洪水や降雪による道路障害、強風などが問題になった7月。雨量も記録的に多かったとのことでした。そしてその流れは月が変っても続くようです。今日は午後から雪マーク❄️ ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
スキーシーズン真っ盛りです! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
これはニュージーランド固有の鳥「タカヘ」。生息数は500羽にも満たない、絶滅危惧種の飛べない鳥です。野生の姿を見ることはほぼできませんが、鳥のサンクチュアリや保護施設など、ごく限られた場所で見ることができます。徹底した保護の甲斐があって、タカヘをはじめとした絶滅危惧種の生息数が少しずつ増えてきました。四方を海に囲まれ、近くに他の陸地がないニュージーランドには、独特な生き物がたくさんです! ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
ニュージーランド南島第二の都市、ダニーデンにある、世界一急な坂「ボールドウィン・ストリート」(住宅が立ち並ぶ通りとして世界一急な坂)。この坂の傾斜の凄さをいったいどうやって写真に収めると上手に伝えることができるのか?と、いつも考えてしまいます。さて今日はダニーデンにて、ラグビーの国際試合「NZ代表オールブラックス vs. アイルランド代表」が行われます。 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む
霜に覆われたラグビーグランド。冬はラグビーの季節です。オールブラックスの国際試合から、地元の少年団まで、寒空の下でも週末はあちらこちらで歓声が響いています。そしてラグビー女子のワールドカップは、今年ニュージーランド開催😊 ... See MoreSee Less
Facebookでこの記事を読む