あの街に行こう!ウェストコースト

手つかずの、厳しく美しい自然が魅力の秘境

本物の自然に触れられる、ワイルドなエリア!

自然がいっぱいのニュージーランドの中でも、南島の西海岸地区「ウェストコースト」は、最も人口が少なく、最も野性味があふれる地域。全く人の手がつけられていない原始の姿をとどめた森、複雑な海岸線、発達した氷河など、厳しくも美しい自然の真の姿に触れることができる、自然派旅行者にはたまらない場所です。
夕暮れのマウントクック

フランツ・ジョセフ氷河フォックス氷河で行なうことができる氷河ハイキングは、世界中でもなかなかできない貴重な体験になるはず。さらにエリア全体を覆う深い森には、いまだにキウィ(ニュージーランドの国鳥)やその他の貴重な動物たちが生息し、それらの一部を目の当たりにすることすら可能かもしれません。また、移動するごとにめまぐるしく変化する森の植生も、非常に興味深い大切なポイント。
世界自然遺産登録地にふさわしい、荒々しいがゆえに美しい自然がここには存在しています。
マセソン湖

町や村の規模が小さく、宿泊先や移動手段が限定されがちなため、ガイドブックなどでは取り扱いが小さく情報が少なめで、日本人旅行者にはあまり知られていない地域です。でも自然志向の人々にとっては、ここはニュージーランド国内でも随一の魅力的な旅行先と言えるかも知れません。真冬(6~8月)は晴天率が高く、特におすすめの時期です。
『ゆめらんどNZ.com』がイチオシのこの地域への旅行は、貸切専用車が欠かせません。

フランツ・ジョセフ氷河&フォックス氷河

フランツ・ジョセフ氷河&フォックス氷河

ウェストコーストへの旅行で目玉となるのは、フランツ・ジョセフ氷河フォックス氷河の2大氷河を目の当たりにできる、氷河地区です。有名な氷河ハイキングでは、壮大な氷河を見るだけではなく、実際に触れて、あるいは内部に侵入して楽しむ貴重な体験ができます。そしてその周辺にもたくさんの見所が散在しています。

  • 氷河ハイキング
    両氷河で可能。半日程度のものから、1日まで。氷河を体感する最高の手段です。

氷河ハイキング

  • ヘリコプター遊覧飛行
    氷河上空から、マウントクックまでをも一望する豪快な遊覧飛行。
  • マセソン湖散策
    時には「ニュージーランドで最も美しい」とまで言われる湖。マウントクック&マウントタスマンが湖面に映り込みます!
  • キウィ・ツアー
    キウィとの遭遇率80%以上!夜のツアーです。
  • ワイルドライフ・センター
    キウィ保護の最前線!
  • ホワイト・ヘロン(サギの一種)・コロニー・ツアー
    ジェットボートでしか行けない、貴重な鳥の営巣地へ。

その他の見所&アトラクション

  • プナカイキ「パンケーキ・ロック」
    ホットケーキを幾重にも重ねたかのような、石灰岩層の奇岩は一見の価値あり。

パンケーキ・ロック

  • シャンティ・タウン
    ゴールドラッシュの歴史を語り継ぐ村。
  • 聖なる石「グリーンストーン」
    人を守る聖なる力を持つ、マオリ族の宝石。
  • トランツ・アルパイン
    クライストチャーチ~グレイマウス間を走る、世界的に有名な高原列車の旅。
  • 数々のウォーキング・コース
  •   トゥルーマン・トラック
  •   モンロービーチ・トラック(時期にはペンギンが!)
  •   シップクリーク・ウォークウェイ など
  • ツリー・トップ・ウォーク
    温帯雨林の独特な植生を樹上の世界から体感。

ツリー・トップ・ウォーク

他にも道中の見所がたくさんです!

宿泊も、高級ロッジからシンプルなものまで色々と選択可能です。
他の旅行者とは一味違う旅行をお楽しみ下さい!

ウェストコーストを訪れるモデルプランはこちら

最新ニュース

ニュージーランドは総選挙が終了。
人気者のアーダーン首相が率いる現政権(労働党)が、テロやコロナ対応を評価されて圧勝しました。
ちなみに投票率は82.5%!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

桜や残雪の残る山はもちろんですが、この空の青さもニュージーランドの風景の魅力です!
今日はすっきり晴れ渡りました😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドは春。子ひつじが満開です😊 ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

水曜日(7日)深夜より、オークランドのコロナウィルス警戒レベルがレベル1(最低レベル)に移行。これにより、ニュージーランド全土が再びレベル1(入国制限を除き、基本的に制限なし)になります!
ちなみに帰国者以外での新規感染者は、過去10日間出ていません😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

寒波が過ぎ去ったと思ったら、何と今日のクライストチャーチの最高気温は25℃! ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

毎年恒例(?)の春の寒波。今年は強力な奴がやって来ました!😱 ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドは今日からデイライト・セービング(サマータイム)開始。
日本との時差は+4時間になります!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

オークランドを除くニュージーランド全土が、本日(21日)23:59から、コロナウィルス警戒レベル1に引き下げ。オークランドはレベル2に引き下げ。
2週間の経過観察の後、その後の対応が再度発表されます。
今回も、ほぼウィルスの封じ込めに成功したようです😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドのコロナウィルスの現状。
8月中旬に102日ぶりに発生した帰国者以外での新規感染は、その後これまでで国内最大のクラスターに発展しました。(9月16日時点で、176人)これを抑え込みつつあるものの、長く尾を引いている状態。今でも日に数人の感染者が報告されています。このクラスター以外への感染の広がりは確認されていません。
来週月曜日(21日)の時点での状況を政府が判断して、状況次第でオークランドがレベル2に。その他の地域がレベル1に警戒レベルを引き下げる、という対応が発表されています。

世界的な感染が拡大しているので、まだまだ入国制限は解かれないですし、今後も感染者は出てくることが容易に予想されますが、着実に前進しています!

ちなみに、日本からはニュージーランド航空が週1便の運行を続けていますが、搭乗できるのは入国が許される人(国籍保持者&永住者、その他の特別許可がある人)のみです。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む