あの街に行こう! クイーンズタウン

リマーカブルズ

ニュージーランド旅行・観光の中心都市

世界の有名人も訪れる国際的リゾート!

秋のクイーンズタウン
深く透明な湖・ワカティプ湖と、それを取り囲む湖岸から急激に立ち上がる豪快な山々。そんな人を圧倒するような風景に取り囲まれた可愛らしい街が、ニュージーランド唯一と言ってよい国際的リゾート「クイーンズタウン」です。

ガイドブックなどでは、国際線が発着する=必然的に訪れる確率が高い、都市部のオークランドなどの扱いが大きくて、ともすればニュージーランド旅行の中心地がそれらの都市であるかのようにも感じます。でも、自然いっぱいのニュージーランドへの旅行の中心地が、大都市であるわけはありませんよね?

クイーンズタウンは、夏はニュージーランド観光の中心地として。冬は観光に加え南半球随一のスキーリゾートとして1年中国内・外からの人々で賑わい、時には自家用ジェット機で世界中のセレブや大金持ちもやってくる、ニュージーランドの中でもちょっと特別な街。 小脇にミルフォード・サウンドやマウント・クックを初めとしたニュージーランドを代表する景勝地を抱えるロケーションからも、「ここに来なけりゃニュージーランド旅行は終われない」と言い切ってもいいでしょう。 ちなみにここが、『ゆめらんどNZ.com』の本拠地です。

クイーンズタウン周辺のみどころ&観光スポット

秘境 ダウトフルサウンド

クイーンズタウン周辺には見所がたくさん。一度の旅行で全て見るのは、はっきり言ってムリです。氷河を抱きかかえた険しい山々。大草原。延々と続く牧場。苔むした太古の森。壮大なフィヨルド、などなど、出会うことができる絶景だけでも多種多様。以下、代表的な見どころをご紹介します。

  • ミルフォード・サウンド
    ニュージーランドで最も有名な景勝地。道中の絶景を通り過ぎることなく楽しむことができる、チャーター観光がお勧めです!
  • マウント・クック
    オセアニア最高峰!晴天に恵まれれば、圧巻の景色に出会えます!
  • ダウトフル・サウンド
    秘境中の秘境。オーバーナイト・クルーズ(船上で1泊)がおすすめ!
  • アロータウン
    ゴールドラッシュ時代の街並みが印象的な、黄葉の名所
  • ワナカ
    なぜか一般の現地発ツアーではいけない、人気のリゾートタウン。
  • 蒸気船TSSアーンスロー号
    100年以上の歴史を持つ蒸気船。クルーズ&牧場訪問など、オプション多数。
  • スカイライン・ゴンドラ
    晴れた日の眺めは最高。リュージュも面白い。
  • 数々のワイナリー
    クイーンズタウン周辺は世界中が注目のワイン産地。ワイナリーツアーをどうぞ。

クイーンズタウンのアクティビティ

バンジージャンプ

クイーンズタウンの異名は「アドベンチャー・セントラル」。ここが発祥のバンジージャンプをはじめ、アクティビティーの品揃えなら、世界最大級。 ありとあらゆることが楽しめます。以下は、無数にあるアクティビティの中のほんの一例です。

  • バンジージャンプ(43メートル、134メートルなど)
  • ジェット・ボート

ジェットボート

  • ハイキング・トレッキング

絶景のトレッキング

  • スカイ・ダイビング
  • スキー/スノーボード/へリスキー
  • 釣り
  • 乗馬
  • ラフティング

その他のクイーンズタウン発オプショナルツアーは、こちらから

箱庭のような街で一日遊ぶのもよし。一歩街を抜け出せば、そこは豪快な大自然の風景の真っ只中!どこかに一日かけて、あるいは数日かけて遊びに行くのもよし。ニュージーランドの魅力が、ぎっしりとこの街の周辺には詰まっています。

クイーンズタウンに滞在するモデルプランはこちら

最新ニュース

オークランドを除くニュージーランド全土が、本日(21日)23:59から、コロナウィルス警戒レベル1に引き下げ。オークランドはレベル2に引き下げ。
2週間の経過観察の後、その後の対応が再度発表されます。
今回も、ほぼウィルスの封じ込めに成功したようです😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドのコロナウィルスの現状。
8月中旬に102日ぶりに発生した帰国者以外での新規感染は、その後これまでで国内最大のクラスターに発展しました。(9月16日時点で、176人)これを抑え込みつつあるものの、長く尾を引いている状態。今でも日に数人の感染者が報告されています。このクラスター以外への感染の広がりは確認されていません。
来週月曜日(21日)の時点での状況を政府が判断して、状況次第でオークランドがレベル2に。その他の地域がレベル1に警戒レベルを引き下げる、という対応が発表されています。

世界的な感染が拡大しているので、まだまだ入国制限は解かれないですし、今後も感染者は出てくることが容易に予想されますが、着実に前進しています!

ちなみに、日本からはニュージーランド航空が週1便の運行を続けていますが、搭乗できるのは入国が許される人(国籍保持者&永住者、その他の特別許可がある人)のみです。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ニュージーランドのコロナのその後ですが、さすがこの政府は対応が早くてスキがないです。
火曜日に102日ぶりの市中感染がオークランドで出たことが判明すると、様々な状況を考慮して翌日正午から感染の中心となるオークランド全域をレベル3のロックダウン。(レベル4が最大警戒レベル)
その他の全国をレベル2の警戒レベルに設定。
この措置は8月26日まで続きます。(21日に見直し)
間を置かずに感染の拡大の度合いや感染源の特定のための追跡調査を進め、同時にオークランドを中心とした全国においてCPR検査の臨時検査センターを設置。検査数は、水曜日以降で5万件を超えます。
現在判明した新たな市中感染者数は37人で、全てが火曜日に判明した感染者と関わりのある感染とのこと。
全ては政府の想定の通りに物事が運んでいるようです。しかし想定通りにいかないことが常。まだまだ気は抜けません!
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

速報です。
つい先ほど、NZ国内でのコロナウィルス新規感染者が、102日ぶりに確認された、との発表がありました。
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

ウェストコースト(南島西海岸地区)に行って来ました!
写真は、ニュージーランドで最も美しい湖とも言われる「マセソン湖」です。
湖面に映り込むのは、ニュージーランド最高峰のアオラキ・マウントクック(右)と、第2峰のマウントタスマン😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

冬の花火!
今年は中止となった、毎年恒例の「Queenstown Winter Festival」の代わりに、2日間だけの冬のイベントがクイーンズタウンで開催されました。
これまで静かだった街が、久しぶりに賑わいました😊
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

2013年FIFA女子ワールドカップが、ニュージーランドとオーストラリアの共同開催に決定しました‼️ ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

クイーンズタウンのスカイライン・ゴンドラからの、現在の風景です。寒いですが、冬の景色は格別です! ... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む

6月25日より、ニュージーランド航空の成田~オークランド直行便が週1往復で再開!
ただし、ニュージーランド入国が許可される方のみが搭乗可能…😅
... See MoreSee Less

Facebookでこの記事を読む